さくらの☆ちょこっと小話いろは(*´∀`)♪

日々の生活で、さくらの気になる色々な小ネタを、気まぐれにブログで紹介していきます☆

生活

乳がんのしこり、見つけ方って?なりやすい人の特徴、再発の確率も

今芸能人でも多い「乳がん」。今回はそんな乳がんになりやすい人や、しこりの見つけ方などを紹介していきたいと思います。決して他人事ではありませんね。身近な病気ですので、参考にしてください。

乳がんのしこりの見つけ方は?

乳がん

乳がんを学ぶより

そもそも乳がんって何?

乳房には「脂肪」と「乳腺」組織があり、乳がんとは「乳腺」から発生する癌になります。乳がんは、他にのガン同様に細胞の遺伝子異常の蓄積によっておこる病気です。

左右差で言うと、左の乳房の方が、ガンができやすい言われています。

 

しこりの見つけ方

やはりセルフチェックが重要になりますので、普段からこまめに触れて、普段の状態をしっかりチェックしておきましょう。乳がんは早期発見がとても大切だと言われています。

発見が早ければ早い程、低負担で転移のリスクも少なく、治療に入ることができるからです。がんの進行はとても速いので、注意が必要です。

芸能人の「北斗晶」さんも現在は闘病中で、懸命に戦っていらっしゃいますね。北斗さんも一年に一回ほど、定期検診に行かれていたにも関わらず。。ガンが見つかっています!

3年。。。5年。。。忙しいから。。。とおろそかにしていると、後で後悔するのは自分自身です。十分気を付けましょうね。

医者

漢方デスクより

セルフチェックのポイント

  • 左右の胸に変形・差がないかどうか
  • しこりがないか
  • ひきつれやただれがないか
  • へこみがないか
  • 出血や分泌物がないか
  • わきの下もチェックしましょう!

 

●入浴前に鏡の前で。。。両腕を上げて、毎日形をチェックすることも大切です。寝る前でも落ち着いて観察できるのでいいですね。わきの下もしこりができやすいので、注意してください。

 

一般的に、しこりは。。

良性の場合・・「消しゴムのような感触」(指で押すと逃げる感じ)

悪性の場合・・「石のような硬い感触」(癒着しているような感覚・指で押しても動かない)

と言われています。

 

なりやすい人の特徴は?

女のひと

それではどんな人がなりやすいのでしょうか。。。?

  • 初潮が早い(特に11歳以下の人)
  • 閉経が遅い(特に55歳以上の人)
  • 母、姉妹に乳がんになった人がいる
  • 出産していない
  • 授乳したことがない
  • 30歳を過ぎてから初産
  • 閉経後に肥満になった

乳がんの発生には「エストロゲン」という女性ホルモンの量が大きくかかわってきます。

妊娠、授乳期にはエストロゲンの分泌が止まるので、乳がんのリスクが減ります。

 

 

実際に乳がんになった方のご意見としては。。。

●痛みがあったので、乳がんはないと思っていたら、乳がんだった。

痛みがないとよく聞くのですが、早期の場合、痛みを伴うことがあるそうです、セルフチェックですぐにわかりますね。ちょっとおかしいな。。。?と感じたら、病院ですぐに検査を受けましょう。

 

乳がんの確率って。。。? 再発は?

Sponsored Link

乳がんの発症などは、年増加傾向にあり、一生の間に乳がんになる確率は。。。14人に1人。14分の1の確率だと言われています。

また、乳がんの再発率は5年以内が約20%、10年以内が約25%といわれています。再発の約70%が5年以内に起こるとされていて、特に2~3年以内が多いことがわかっています。怖いですね。。。いつ再発するかわからない恐怖と戦う心中は、不安に感じられることでしょう。。。

 

一方、欧米諸国では乳がんの発症リスクが減少傾向のようです。

その理由としては、定期検診が一般化されてきていて、受診率が高いからだと言われています。

日本でも乳がんの検診への関心は高まってきているので、定期的に検診する事で、早期発見できるようにしていきたいですね。芸能人の発症をきっかけに、検診を受ける人が多くなってきているようです。

私自身も、家族、周囲の人の為にも!定期的に受診していきたいと思います。みなさんも、大切な人の為に!定期検診を受けましょうね。

-生活