さくらの☆ちょこっと小話いろは(*´∀`)♪

日々の生活で、さくらの気になる色々な小ネタを、気まぐれにブログで紹介していきます☆

生活

夏の大三角形の星座、簡単な見つけ方や動きは?宿題や自由研究にも

「夏の大三角形」という言葉を一度は聞いた事があるでしょう。夏は涼しくなり、夜空を見上げるのが気持ち良い季節ですね。「夏の大三角形」とはどのようなものなのか。。。簡単な見つけ方や、動き方などをご紹介していきます。

夏の大三角形の星座、名前は?

夏の大三角形

7月は10時の方向、8月は9時頃の頭の真上を見上げると、明るく光る星が3つ輝いています。夏の大三角形の形は二等辺三角形。

この3つは白鳥座のデネブと、こと座のベガ、わし座のアルタイルです。たなばたに関係する星たちです。デネブ、アルタイルは一等星ですので、明るめ。ベガは0等星ですので、さらに明るめ!!

この星をつなげた形が「夏の大三角形」と言います。星座ではありませんよ!w

 

青白いベガは「織り姫星」。わし座のアルタイルが「彦星」となります。間には綺麗な天の川もみられます。天気がいい日に見てみてください♡

七夕は「織姫」と「彦星」が年に一度出会う季節。。。ロマンティックですよね♡

白鳥座

 白鳥座は十字型をしたわかりやすい星座です。デネブは白鳥の尾の位置にあります。

 

こと座
 こと座はひし形と正三角形とがつながったような形をしています。

 

わし座

わし座のアルタイルの左右には2つ星がよりそっています。なので、「夏の三ツ星」とも呼ばれているようです(*'▽')

 

 

大三角形の簡単な見つけ方とは?時間帯や方角は?

星

夏の大三角形は七夕が近づくと、さらに見やすくなっていきますが、おすすめの時期は8月上旬!梅雨もしっかりあけていますし、見やすいです。

方角は南東。

時間は夜の20時~22時までに、空高く位置するので見やすくなるようです。

月明かりのない日を選ぶとgood!

空の高いところに位置していますので、空をぐるっと見回すつもりで見てみると、明るい星が頭上にありますのでわかりやすいかと思います。

①南東を向いて天の川を探そう!

②頭上の一番明るい星を探そう!(ベガ・織姫星)

③南東へ視線をずらすと「アルタイル」が見えます。

④天の川の真ん中。一番高いところに位置する「デネブ」は3つの中では明るさが一番微弱なので、注意です!(といっても、ほかの星よりは明るいですよ!)

この3つをむすんだものが「夏の大三角形」になります!(^^)!

 

宿題や自由研究にも最適!

Sponsored Link

夏の大三角形は、自由研究、宿題などにも最適です。

地球は自転して動いていますので、星の位置も時間によって当然変わってきますよね。

星座表

昼間の明るいうちに目印の家や風景をスケッチで描き、夜は同じ場所から観察します。1時間ごと3から4時間ほど観察し、星の動きを記録してみてはいかがでしょう?♡

ただし!同じ場所でないと、位置がづれてしまうので、ご注意ください。

星座

魚の網や、ガーデニング用のあみあみなど。。。これらをかつようすると、かなり正確に星の位置が把握でしまね!すごい♡。。。小学校の時知りたかった汗

地球が回っているので、動き方は基本、太陽や月と同じように「東から登って西に沈む」という動きをしています。観察して親子で星を眺めて楽しむ。。。というのも、たまにはいいかもしれませんね♡

Sponsored Link

-生活