さくらの☆ちょこっと小話いろは(*´∀`)♪

日々の生活で、さくらの気になる色々な小ネタを、気まぐれにブログで紹介していきます☆

生活

乳癌の自覚症状や痛みの頻度、腫れはステージで違う?場所は肋骨?

2016/09/02

乳癌は現在、女性にとって深刻な病気の一つとなっています。自覚症状や痛み、頻度、腫れはステージによっても違うのでしょうか?場所についても一緒に見ていきましょう!!

乳癌に自覚症状はあるの?

乳癌、自覚症状、痛み、頻度、腫れ、ステージ、場所、肋骨

芸能人の方も多くなっている乳癌。。。自覚症状はあるのでしょうか?気になる自分で見つける為の方法をまとめました。

しこり

まず、触診でわかるのが胸の「しこり」です。

これは、お風呂の中など、ゆっくりと触って確かめられる状況で行うと、気づきやすいと聞いた事があります。

ですが、しこりがあるから。。。といって「悪性」と決められているわけではありません。

良性の場合もありますので、しこりがみつかったら、しっかり病院へ受診する事。

また、普段からよく触って、小さな変化もわかるようにしておくのも、有効な手段と言えます!!

乳癌が特に多いのは30歳以上。。。年齢が上の方ならば、特に注意して受診するようにしましょう!!

 

乳頭からの出血

乳頭から出血、その他の分泌液が出ている場合は必ず乳腺専門の病院を受診しましょう。

分泌液から乳癌かどうかを判断するのは、医師でも難しいようです。

自己判断せず、専門機関での受診をしてくださいね!!

 

乳房のくぼみ、赤く腫れている

しこりが皮膚の表面にあると皮膚が不自然に引っ張られてえくぼのような状態になり、くぼみができることがあります。
また、赤く腫れて見た目にも分かる異常が出ることがあります。
必ずしもがんとは限りませんが、乳腺専門の外来を受診してみましょう。

と書かれています。これらの症状が、自覚しやすい特徴といえますね。

普段から、自分の胸の形、様子をしっかり知っておくことが大切です。そうすれば、早期発見ができる可能性が高まります。

だからこそ、乳癌検診を広く訴えているのでしょうね。私も気をつけなきゃ。。。汗

 

 

腫れ、痛みはステージによって違うの?

乳癌、自覚症状、痛み、頻度、腫れ、ステージ、場所、肋骨

乳癌になってしまった場合。。。実際に痛みは伴うのでしょうか。。。?

調べてみたところ、乳癌の場合はあまり「痛み」は感じない場合が多いそうです【まれに感じる場合もあります】

痛みを伴うものは「乳腺炎・乳腺症」の可能性が高いようですね。

実際に、私の友達は、かなりの乳腺炎になりました。本当に痛くて、はってしまって。。。しばらく続いて大変だったと教えてもらった事があります。

その痛みを乳癌の痛みと勘違いする場合が多いんだそうです。

でも、実際は、痛みが出た方がわかりやすく、早期発見につながるのに。。。

だから気づかず、進行してしまう方が多いのでしょう。検診は必ず行くことが大切ですね。

 

また、乳癌は、脇の下のリンパ節にも転移することがありますので、その場所も注意して調べてください。

他にも。。。肋骨なのか、しこりなのか。。。わからず勘違いされる方もいます。

実際、乳癌だったのに、肋骨だと思っていた方もいるほどです。

自身のチェックは、あくまで「セルフ判断」。

間違えている場合もあるかもしれません。小さすぎて、気づかないだけかもしれません。

 

そう考えると。

やはり定期的に検診にいき、自分の体の状態をしっかり知る。乳がんになる危険性がある事を理解する。事も大切だと言えます。

 

 

しこりの特徴などは以下の通りです↓↓

Sponsored Link

・硬い
・表面が凸凹(ギザギザ)している
・形が整ってない
・しこり周辺の組織と境目が曖昧である
・しこりが動かない
・しこりはいくつも出来ない
・圧痛はあまり見られない
・陥没している
・潰瘍、発赤、浮腫が見られることがある
・乳頭にびらんが見られる
・乳頭が陥没している
・乳頭から茶褐色の分泌がある
・乳房にひきつれがある
・脇の下にグリグリしたものがある
・乳房が夏みかんの皮のようになっている
・乳首に湿疹・ただれができている(パジェット病)

できやすい場所は。。1. 外側の上部  2. 内側の上部  3 .乳首の下側  4. 外側の下部  5. 内側の下部

ほぼ、胸全体のような。。。

注意してみましょう。

 

最後に。セルフチェックのポイントを載せますので、参考にしてくださいね。

① お風呂に入るときに、石鹸やボディホープを泡立てて、てのひらと指に泡を載せ、乳房の上をそれで、用心深く、調べる。

② 仰向けに寝たら、片方の腕を頭の上の方に伸ばします。そして、もうひとつの片方の手で乳房を触っていく。

③鏡の前に立ち、両方の乳房の形、色に異変がないか調べましょう。
【乳房にえくぼのようなくぼみが出来ていたり、皮膚がオレンジ色に腫れていたら、要注意です。】

 

乳癌患者は年々増えてきてますし、注目されてきている女性特有の病気ですが、確率的にも「なりやすい」ことも事実。

芸能人の方々が、身をもって危険を知らせてくれて、検診を呼び掛けてくださっている事で、広く知れ渡ってきました。

 

マスコミにも取り上げられること、多くなりましたね。

今後は、私自身も。危険性を考えて、定期的に検診にいきたいと考えています。

自分の身は自分で守る。予防する。

家族、友達、大切な人の為にも、長生きが一番!!

病気予防の為、様々な検診に定期的にいき、体のメンテナンスを行う事も重要な仕事のうちと言えるでしょう!!

気を付けていきたいですね!

Sponsored Link

-生活