高齢者が事故。加害者も多い原因は認知症?賠償金問題、予防法は?

高齢者、事故、加害者、多い、原因、認知症、賠償金、予防法

高齢者による事故のニュースが最近は多いですよね。加害者側になる方も多く、世間でも問題になってきています。原因は認知症?賠償金問題、予防法などについて、今回は一緒に見ていきたいと思います!

Sponsored Link

高齢者が事故。加害者も多い原因は認知症?

高齢者の方による事故は今年に入って本当に多いですね。ニュースでも、連日のように取り上げられています。

しかも「加害者」側になってしまうことも多いとの事。高齢で、車の免許を持っている親族の方が身内にいると「大丈夫」と思っていても、万が一。。。という事もありえます。

高齢者、事故、加害者、多い、原因、認知症、賠償金、予防法

その原因として、認知症が要因ではないか。。。と言われている事も。

もちろん、他の要因も十分に考えられます。

●高齢になる事での、反応速度の低下。

●視野の範囲が狭まり、視界が悪くなる事でおきる注意不足。

●疲れ、疲労

 

70歳以上の方は、もう一度自分の体を見つめなおして、無理なく移動できる手段を改める必要もあるのかもしれませんね。

高齢者、事故、加害者、多い、原因、認知症、賠償金、予防法

実際に認知症の方が起こした事故もあるんです。

以前の事故で、認知症の方が歩道を約700m車で暴走し、二名の方をはねてしまう。。という悲しい事件がありました。

男性の年齢は当時72歳。

数年前から認知症の症状が出ていたという事です。60、70代で認知症を発症してしまう方も多いようです。

ちょっと話しただけでは、早期の認知所には気づきづらい特徴もあります。

私の祖母は無免許で運転しようとした事も。

実際の経験談を上げてみると。。。実は、私の祖母は90なのですが、現在「認知症」の症状が出ています。

今では2,3分前の事を忘れたり、今何をしようとしていたのか、思い出せない。ごはんも食べたか忘れてしまう。

高齢者、事故、加害者、多い、原因、認知症、賠償金、予防法

祖母は3.4年まえにちょっと言動が「あれ?」と思うことがありましたが、普通に会話もできましたし、軽い「ぼけ」くらいにしか私たちも思っていませんでした。

ですが、やはり凄まじい速さで症状は進行。車の運転も危なくなり、親族が免許証を没収。免許は返却し、車のカギもしまっておいたのです。

・・・

ですが、まだ免許証があるように思ってしまうんですね。自分はまだ、運転できる。大丈夫。

鍵のしまってある場所を探して、自分で運転しようとしていたのです。「免許証をもってると言い張って。。」

ちょうど親族に見つかり、大事にはいたりませんでしたが、私自身も認知症の恐怖を実感した瞬間でもありました。

高齢者、事故、加害者、多い、原因、認知症、賠償金、予防法

現在でも、会話は普通にできるんです。ただ、頻繁にいろいろなことを忘れるだけ。だからこそ、怖い。悲しい。。。

 

・・・認知症の方は、自分が認知症だとは思いたくない。もしくは「思わない。」

記憶が曖昧になっていく時、思い出すのは昔の記憶。

「運転も大丈夫。だって免許があるんだから。」

。。。免許がなくても、返したことを忘れてしまうので、あるように思ってしまいます。

認知症の進行は早期に気づけば、薬で遅らせる事もできます。

だからこそ、周囲の方の「気づき」「サポート」が大切になっていくんですね。

Sponsored Link

賠償金問題、予防法は?

実際の賠償金支払い問題ですが。。。もしも認知症を発症している「親」が事故を起こした場合、どのようになるのでしょう?

認知症を発症していた父が線路を徘徊し、惹かれてしまった。その際の裁判所の結果は、、、「注意義務を怠った」として鉄道会社に妻と息子で720万円の支払いを命じた。

高齢者、事故、加害者、多い、原因、認知症、賠償金、予防法

「自動車を運転できるほどなら、認知症でも罪を問われる可能性が高い」

というのが真実の様です。認知症を患っていても、その時のトラブル、事故で起きた金銭は支払いをしなければならない可能性が高いのです。

加害者だけではなく、被害者だとしても。肉親が「監督責任」を問われることが多いそう。

・・・恐ろしいですよね。実際にこうやって支払った方が沢山いるのです。

高齢者、事故、加害者、多い、原因、認知症、賠償金、予防法

24時間行動を見ているなんて、、、とてもじゃないけど、できません。

 

予防法としては、とにかくちょっと「あれ?」と思ったら。病院へ行って、認知症の検査をし、早期に治療をしていくこと。

進行具合は遅らせる事はできても、改善することはできません。脳が委縮してしまっているので。

親の高齢に伴って、息子、娘はとにかく様子を注意してみている事。いつまでも「しっかりしている親だから大丈夫」と過信している事が、最大の過ちにつながってしまうかもしれません。

気づきが本当に大切なんです。

周囲の皆さんで協力しながら、見守っていける体制を整えていく。。。地域の方々も一緒に。。。こんな事ができたら、もっと事故、事件は減っていくのかもしれませんね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.