さくらの☆ちょこっと小話いろは(*´∀`)♪

日々の生活で、さくらの気になる色々な小ネタを、気まぐれにブログで紹介していきます☆

子供

液体ミルクはいつ日本で発売なの?コストや安全性、デメリット比較!

2016/11/26

赤ちゃんのミルク。口に入れるものですので、母親は特に気をつかいますよね。欧米では一般的な「液体ミルク」ですが、日本でもやっと動きが出てきあ模様です。いつ日本で発売なの?コストや安全性、デメリットは?気になる部分を解説していきたいと思います。早速チェックしていきましょう!!

Sponsored Link

液体ミルクはいつ日本で発売なの?

日本でも液体ミルクが注目され、関心が高まってきたのですが。。。きになる発売時期、見通しはたっているのでしょうか?

液体ミルクは粉ミルク同様、成分などが母乳に近いものを使用しています。欧米では一般的に用いられている商品です。ですが。。。日本では安全面などで、課題もあるようで。。。現在は「販売も輸入も、製造もしていない様子」

液体ミルク、いつ、日本、発売、コスト、安全性、デメリット、比較

・・・という事は、いますぐ発売。。。とまではいかないですね、、ですが、2016年10月に菅官房長官の発言に、興味深い一言が。。

「(男女共同参画会議の専門調査会で)男性の育児参加を進めるうえで、乳児用液体ミルクは有効であるという意見がありました」として、国内販売を認める方向で検討に入るというのです。政府は業界団体に液体ミルクの安全性の試験を求め、2016年度内に方針をまとめる予定。

これを機に、国内でも液体ミルクの関心が一気に高まりました。ですが、液体状になっているので、様々な問題、課題もあるのではと思います。

●コストの面【液体での販売なので、粉ミルクに比べて割高】製造原価だけで粉ミルクの2倍

●衛生面【賞味期限など】

●液体状での細菌などの繁殖を抑える課題

私が考え付いただけでも数個あがりますね。・・・乳幼児が口にするものなので。。。製造するさいには最新の注意が必要ですし、それらのコストに見合う価格もつけなければならない。。。もともと割高な液体ミルク【欧米などで】なので、日本での安全基準を考えると、更に割高になる可能性があげられます。

液体ミルク、いつ、日本、発売、コスト、安全性、デメリット、比較

こんな感じ↑

・・・ですが、欧米では一般に売られていて、なおかつ粉ミルクよりも安全だと認識されているようです。

感覚でいえば、、牛乳、ヨーグルトなどの商品を買うような感覚。

それなら気軽にかってしまうw

Sponsored Link

液体ミルクの利便性、安全面、デメリットなどは?

液体ミルクにはもちろんいい面もありますが、デメリットもいくつかあります。アメリカの液体ミルクを比較してみましょう!

 

●コストがかかる

先ほど上げましたが、やはりコストがかかる事が問題だと思います。現在日本での輸入販売価格【アマゾン参照】ですと。。。

200ml、6本セットで8000円!!

・・・高い(;´・ω・)汗

液体ミルク、いつ、日本、発売、コスト、安全性、デメリット、比較

輸入が正式に解禁されれば、スウェーデンなどの他国から大量に仕入れる事が可能ですので、更に安く買えることにはなるかと思います。

しっかり密閉された状態ですので、持ち運びをするときに便利ですし、外出した時に粉ミルクで作るよりも。。。安全ですよね。

粉ミルクを作るときは、哺乳瓶、水、お湯が必要です。しかも持ち歩く時は分量を量って、自分で入れていく。

私はお湯も水筒にもっていっていました。・・その状態ですので、作るとき、手違いでなにかが混入する事もあるかもしれません。。私ももちろん!注意はしていましたが。ないとは完全には言い切れません。。。よね?汗

その点、紙パック入りのジュース感覚で持っていければ、安心、安全です♪

Sponsored Link

震災で重宝された液体ミルク

記憶に新しい熊本地震がおきた時、水、水道が出なくなって、粉ミルクで子供を育てている母親たちはほとほと困っていたそうです。

そんな時、この液体ミルクがとっても役に立ったとの事。

フィンランドの企業が無償でミルクを5200個ほど、熊本に支給してくださったのです。素晴らしい!!

水、哺乳瓶を必要としない液体ミルクは本当に重宝されました。液体ミルクには、すでにちくびがセットになっているものもあるのです。

災害時の備えなどに持っておくと、本当に安心ですよね!!・・・私も母乳があまりでなかったので、ミルクで育てている方の気持ち。痛い程わかります(´;ω;`)

特に震災が起きた時は。。。「私が飲ませてあげられたら。。。」なんて自分を責めてしまうかもしれませんね。。。

そんなお母さんたちの不安を解消するためにも!ぜひ、液体ミルクの販売を低価格で行っていただきたいです。

個人的な感想としては。。。やっぱり日本で製造した物を子供にあげたいなーーー。なんて思います。外国とはちょっと基準も違うと思いますし、私たちの生活する上で口にする食べ物事態も違いますからね。

輸入ではなく、自国で栽培、生成された食べ物、飲み物に注目が集まっています。今後、輸入だけに頼らず。日本でも自国で製造できる環境を整えていただきたいですね。

Sponsored Link

-子供