節分のいわし、ヒイラギの魔除けはいつからいつまで?意味や由来も

節分、いわし、ヒイラギ、魔除け、いつから、いつまで、意味、由来

節分のいわし、ヒイラギを飾る習慣がある日本ですが、、魔除けにもなるこの二つは、飾る期間は何日前から、いつまでがいいのでしょうか?意外と知らない!意味や由来も合わせてご紹介していきます(*’▽’)一緒に見ていきましょう!

Sponsored Link

節分のいわし、ヒイラギのを飾る意味や由来は?

節分といえば。最近はあまり見なくなってきましたが。いわしやヒイラギを玄関に飾る風習もありますよね。そもそもどうしてこの二つ「ヒイラギ」「いわし」を飾るのでしょう?町の中や。。。保育園、幼稚園で見かけた事があると思いますが、こんな感じで飾っていますよね(*’▽’)

節分、いわし、ヒイラギ、魔除け、いつから、いつまで、意味、由来

焼いたいわしの頭をヒイラギのえだに飾るこの風習。ただ玄関に飾ってあるいわしを外国人が見る。。。これだけだときっとビックリしてしまいますよね。汗

節分、いわし、ヒイラギ、魔除け、いつから、いつまで、意味、由来

節分の日の縁起物として知られる『柊鰯』ですが、西日本では『焼嗅(やいかがし)』や『やっかがし』、『やいくさし』、『やきさし』など色んな名前で呼ばれているようです。

今の若者は、この行事がある事すら、知らない方も多い事でしょう。実際、私の実家でも、特に行っている様子もありませんでした(;´・ω・)汗・・・

ということで、そんなに知らずに育った私w

保育園に勤めだして「へーーーこんな方法で飾る習慣があるのね」なんて思ったことを思い出しますw

 

ヒイラギいわしが飾られる理由というのは、冒頭でもお伝えしましたが。やっぱり「魔除け」なんです!!

昔から「臭いもの」や「尖ったもの」には魔除けの効果があるとして、 祭事などによく用いられる風習がありました。

節分では。。。魔という言葉は『鬼』。

臭いもの『イワシの頭』

焼いたイワシの臭いで鬼を遠ざける恋かもあると言われています。

尖ったものは『柊の葉の棘』を指しています。このヒイラギの枝で、鬼の目をさす!。。。とも言われているようです(こわーーーい)

 このヒイラギ、イワシにより、鬼が家の中に入ってくるのを防ぐことが出来るんです(*’▽’)

 

この「ヒイラギイワシ」の風習はかなり古くからあり、平安時代に描かれた『土佐日記』や江戸時代の『浮世絵』に登場しているようですよ。そんなに昔からこの魔除けの手法は使われていたんですね。

昔はいまよりも「あやかし」「邪気」「鬼」など魔に対するものにも敏感でした。だからこそ、古くから恐ろしい鬼を家に入れない為に、この方法が広かったのですね。

Sponsored Link

魔除けはいつからいつまで飾れるの?最後はどうやって処理?

さて、この魔除けの飾る時期ですが。。節分の日(2月3日)~2月4日まで飾るのがいいと言われています。

節分に飾るのは日本の古くからの習慣なので、今後も大切にしていきたいでね。

節分、いわし、ヒイラギ、魔除け、いつから、いつまで、意味、由来

さて。

その後の処分方法ですが。・・・・神聖なものですし、そのまま捨てるのも。。。忍びない(;´・ω・)汗

わざわざ神社に行かなければいけないの?。。。もちろん、そうしてもいいですが。。。

いや。忙しい方は別の清めの方法があります。

『半紙に包んで塩で清めて捨てる』

というのが、処分の際の一般的な方法なんだそうです。そのままゴミ箱。。。はさすがに気が引けますし、最後まで、しっかり手順を沿った方がその後も気持ちよく過ごせます。ひと手間を惜しまず行って、一年健康に・・無事に過ごせるようにしていきましょうね♡

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ツールバーへスキップ