松居一代と船越英一郎の娘を、水子供養したお寺はどこ?

松居一代、船越英一郎、娘、水子、供養、お寺、どこ

松居一代さんがブログにて。衝撃告白をしたことで、世間がとにかくびっくりしているのです。・・・実は松居一代には娘がいたとの事。いつも笑顔でいる彼女の心の中は、様々な事情があったようです。ブログの全文も公開していきます。さっそく見ていきましょう。

Sponsored Link

衝撃!松居一代と船越英一郎には娘がいた!!

船越英一郎さんは初婚、松居一代さんは再婚の身で、お二人は2001件に結婚しています。 ・・・実はまだ15年目だったんですねーーー(*’▽’)もう少し長く結婚生活を送っているのかと思っていました。船越さんは初婚だった事で、船越さんのご家族からは。この結婚自体猛反対をされたようですね。

松居一代、船越英一郎、娘、水子、供養、お寺、どこ

松居さんは離婚を経験されていましたし、息子も一人いる。でも、お二人は結婚を選んだ。 若くしての結婚ではなかったこともあり、二人の間には子供の話も一切なく、仲良くお二人で幸せに暮らしているのだろう。。。と誰もが思っていました。

 

・・・その間、離婚話などはちらほら、でていたものの。。。松居さん本人は固く否定していますので、ないものとしてみましょうwww ・・・ そんな中。衝撃の事実!!実は二人の間には娘を授かっていたという過去があったのです!!!!

松居一代、船越英一郎、娘、水子、供養、お寺、どこ

松居さん45歳。 船越英一郎さん43歳の時。

 

結婚して 2年目だった。身が引き裂かれるほどに欲しかった!!帝王のあかちゃんを授かった。 病院で女児だという事が判明し、性別もわかっていました。

こうつづっています。

女児だとしっかり性別がわかっていた時点で、妊娠5か月は経過していただろうと予想ができます。・・もしくはそれ以上。。。妊娠6,7か月とかかもしれない。

安定期付近ですし、本人もきっと安心しだしていたころでの死産だったのだと思われます。。。。

 

でもね・・・ある日 病院で「心臓が止まってます」って言われちゃって。あたし・・・・お腹から赤ちゅんを出せなかった。あたしも死んでもいいと思った

その後、松居さん自身も意見な状態になり、緊急手術を行ったそうです。

ブログでこうつづった彼女の気持ち、本当に痛い程わかる。・・・私も妊娠3、4か月くらいで、死産を経験しているからです。

しかも年齢も高齢という事もあり、ここまで順調に来ていただけにショックも大きかったとこでしょうね。。。よく。気持ちを整理できたなと。。。きっと時間はかかったでしょう。

Sponsored Link

娘を水子供養したお寺はどこ?

娘さんは「さくら」ちゃんと名付けられ、松居さんは大切に供養した事もブログでつづっています。

そのお寺は一体どこなのでしょうか。。。?

水子供養をしている有名なお寺。。などに頼んだ可能性もあると思われますので、調べてみました。

松居一代、船越英一郎、娘、水子、供養、お寺、どこ

本寿院

東京都、大田区にある水子供養で全国的にも有名なお寺です。水子供養の大切さを熱心に説いているお寺でもあり、毎日多くの水子が供養されています。

 

 

真言宗 単立寺院 招福山 勝運寺

水子の供養は水子の気持ちを考えて、大切に供養する。。。そんな思いを強くモテいるのがこのお寺です。その思想なども、人気の理由なのかもしれません。

 

水子供養はプライバシーにも関わりますので、安心、安全も重視されます。特に本寿院など、毎日数多くの水子が供養されている実績多数のお寺に松居さんも行って、供養してもらったのかもしれません。。

松居一代、船越英一郎、娘、水子、供養、お寺、どこ

まとめ

今回は松井さんの娘「さくらちゃん」が水子供養されたであろう。お寺について考察してみました。

普段笑顔が絶えない人、自身をもって生きている人。。。それはただ、他人がみたその人の「外見」にすぎません。本人が何を考え、何を思い、生きているのか。。その胸中は本当に親しい近い人間しかわからないもの。

今回のブログで15年前に授かった娘の事を今語ったという事は、やっと自分が話せる状態になった。という心の表れかもしれません。

15年間。ずっと亡き娘。さくらちゃんを思って過ごした松井さん。彼女の明るさの裏には、こんあ真実があると誰が予想できたでしょうか。

離婚、格差婚。。。彼女の周りは様々な噂、憶測が飛び交っているのは事実ですが、今後も船越英一郎さんと力を合わせて!!夫婦二人三脚で楽しく過ごしていただきたいと思います!

⇒松居一代の娘の事をつづったブログはこちら

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ツールバーへスキップ