さくらの☆ちょこっと小話いろは(*´∀`)♪

日々の生活で、さくらの気になる色々な小ネタを、気まぐれにブログで紹介していきます☆

生活

プレミアムフライデーいらない!時給も減るし。みんなが思ってる本音は?

今日からいよいよ導入された「プレミアムフライデー」ですが。。。賛否両論の取り組みですよねーーー。・・・参入企業は日本全土!・・ってわけにはいかないですし(;´・ω・)ちょっと私なんかは「え。いる?・・・」なんて思っている節があるのですが、実際のところ。皆さんの「本音」の意見なんかはどうなのでしょう?早速見ていきたいと思います!(*'▽'

Sponsored Link

そもそもプレミアムフライデーって何?基本は大手だけ。。?

こちらは政府が打ち出した制作です。月末の3時に仕事を終え、帰宅する事で夕方から買い物や飲食、旅行などを楽しんでもらうという消費喚起策。アメリカの「ブラックフライデー」に習い、デパートなどでセールを実施したり、特別な商品・サービスを提供することを想定しているとの事。

実際イオンなどの大手企業でも、この「プレミアムフライデー」の前々からセール宣言などを行ってきましたので、皆さん。一度は聞いた事あるでしょう。
プレミアムフライデー、いらない、時給減る、皆、思ってる、本音
ニュースでもここ数日。大きく取り上げられていました。
初めて実地される「2月24日」では。。。大手企業前にアナウンサーが待機していて、その時を待つ。。。

なんて場面もありましたが。。。(;´・ω・)汗

そもそも。。。いる?
それが私の正直な意見でもあります。。。

まあ。。そう思ってしまうのも。自分の勤め先が原因かもしれませんが。
私が勤めているのは保育園。

今はパートで、週に3日程の勤務の私ですが。もちろん6年ほど、正規職員として勤めていた時期もあります。

こんな「プレミアムフライデー」なんて関係なしに、残業はありましたし、子供たちは毎日しっかり来る。お母さんたちは毎日働いてますからね。

・・・私の旦那も中小企業ですが。「全く関係ないなーーーー。」
なんてぼやいてました。・・・従業員が少ない中小企業なんかは、絶対対応できない対策だと思います。

どうしていつも政策対象って。。基本大手だけなのかなあ。。。。
・・・というか。大手しか、対応できない政策ばっかりな気がする。

実際参入する企業数を聞いて驚きました。

日本全体の0・1%の企業が参加。


意味。。。。。あるの。。。。。?

この気持ちが生まれてしまうのは、私だけではないのではないでしょうか?。。。

Sponsored Link

国民はこの政策、どう思っているの?時給にも大きく関係してしまう可能性もあり!!

さて。私個人が、こんな感想を抱いているのかしら。。。?
なんて考えて、色々と意見を調べていましたが。やはり、同じ考えの方は多々いたようですね。
プレミアムフライデー、いらない、時給減る、皆、思ってる、本音

プレミアムフライデーとかどうでもいいので、プレミアムエブリデー下さい。(切実)
一部上場企業とか、そういう所だけかな‥
土日も出社しなきゃならない状況でプレミアムフライデーと言われても・・・という人が大半じゃないですかね

そうなんですよ!!!
この早く切り上げた時間は。。。正社員の負担になる事が多い。

●その分の残業が他の日に加算される
●土日の休日出勤になる
●平日に休みずらくなる

しかも、サービス業は、基本休日に忙しいものですので。このプレミアムフライデーに出勤しないことはないはずですよね。
という事は。

サービス業にとっては、最も休みずらくなるのが。この「プレミアムフライデー」

その分、サービス業の方々の負担も増えてしまうのです。

だからといって。。。政府は何か対策をしたのでしょうか?・・・いや。していないと思います(*_*)
基本サービス業は、どのくらいお客が来るかは予測が難しい。

大した利益が出ないかもしれないのに、

その分の時給を事前に挙げる事。。なんてできるわけがない。

逆に「プレミアムフライデー」が運よく参入された企業があったとしても。。。

パートタイマーの方々にとっては、困る事の方が多い。
プレミアムフライデー、いらない、時給減る、皆、思ってる、本音

もしも6時までの勤務だとしたら。。実質3時間は削られる。

そうなると時給1000円ならば。3000円。一か月の給与が減る事になります。

3000円て結構な金額ですよ。。。(;´・ω・)汗  時給で働いてる方には本当につらい。。。

年間に換算すると36000円減る事になりますからね。。。

働く意思があるのに、強制的に帰らなければならない。というのは、ちょっと困るところでもあります。

いずれにしても、多くの人が対応できるものではなさそうな感じですね。。。

今後、さらなる政策で、対象者が増えることを期待しています。。。

Sponsored Link

-生活