さくらの☆ちょこっと小話いろは(*´∀`)♪

日々の生活で、さくらの気になる色々な小ネタを、気まぐれにブログで紹介していきます☆

女性芸能人

野田あすかの母親は現在高校の先生?驚きの子育て方法とは?【金スマ】

発達障害のある天才ピアニスト「野田あすか」さん。彼女を育て上げた「ご両親」は。。。
どのようないきさつで、ピアニストという人生を送っていかれたのでしょうか。

一児の子供を持つ母親として。障害をつ子供を育てるという事は。並大抵のことではないと感じますし、悩まれた事も多かったと思います。

今回は「母親」の驚くべき子育て方法や・・・・現在の様子などを合わせてご紹介していきたいと思います。本当に尊敬に値しますね。

Sponsored Link

野田あすかのとはどんな人物?

天才ピアニスト「野田あすか」さんは、「解離性障害」「自閉症スペクトラム障害」という
脳機能障害の一種を抱えて、現在も生活しています。
野田あすか、母親、母親は、現在、高校、先生、子育て方法、金スマ

生年月日・・・1982年【現在34歳】

●他者とのコミュニケーションが困難
●人の顔が覚えられない
●人の感情がわからない

コミュニケーションによって成り立っている「人間社会」において。
コミュニケーション能力の欠如というのは、仕事をする絵上でも大変困難で。

生活するのが難しいですよね。

・・・
・・・

だからこそ。沢山の苦労もされています。

他者とのコミュニケーションが一番培われる「学校生活」

まだまだ精神的にも未発達な子供たちは、自分と違った個性を認識するのにも時間がかかるものです。。。

学校の影響もあって。。。

●リストカット
●いじめ
●転校

などもくりかえしたあすかさん。。。。

彼女が障害が明確に分かったのは22歳の時だったので。
障害の発覚が遅れ。。。
つらい人生も多々歩んできた事も事実です。。。

ですが。
発達障害を受け入れた後。
その時に恩師の「田中幸子」先生と出会った事で。彼女の人生は開花していきます。

このころからコンクールにも参加し始め。

あらゆる賞を獲得していくのです。

こうして

「ピアニスト 野田あすか」

が誕生していきます。

様々な経験を経て・・・

「野田あすか」さんが、現在笑顔いっぱいでいられる理由

それは。やはり恩師の影響もさることながら。
母親「恭子」さんの影響も強かったものと思われます。

Sponsored Link

野田あすかの母親ってどんな人物?

野田あすかさんがピアノを始めたのは4歳のころ。
発達障害などの方は

感性、感受性などが、一般人と比べ飛躍的に高い傾向にあるのも事実!!!

野田あすか、母親、母親は、現在、高校、先生、子育て方法、金スマ
それが「才能」として開花していくのでしょう。

その事実に気がついが母親は、ピアノを始めたんだそうです。
まず、子供の可能s例に気づいてあげる事。

それが本当に大切ですよね。

まだこのころは、発達障害に気が付いていなかったんだとか。。。

「もっと早く気付いてあげたかった」

恭子さんは今でも悔やまれているそうです。

先ほども言いましたが。
発達障害がわかったのは。。。
ウィーンに短期留学をしていたころ【22歳】

それまでわからなかったという事ですので。。。
本人もかなり苦悩されたと思われます。

でも。
だからこそ。

そこまで普通の子供として「育ててきた」事。
が、現在のあすかさんの強さにもつながっているのかもしれません。

受け入れる前、かなりの葛藤があった事は事実ですが。
娘の才能に気づき、対応し。。。

励まし、よりそっていく。

海外への留学も行い、自由な思考を手に入れ、日本だけにとどまらせない。

これが本当にすごい事ですよね。

家族の写真からも、家族の中の良さが伝わってきます!(^^)!

現在はお母さまは「教師」として活躍されている様子なので。

娘の事例を話すことで、生徒と分かち合っている事でしょうね。

なにかあったら。。。今ではすぐに

「この子は何か障害がある?」

と想いがちな今日。

障害があるとわからずに育てる事の方が。
私にしてみればびっくりですが。。。

とにかく母親が「子供を信じてあげる事」

それが出来ていたからこそ。いまのあすかさんがあるのかもしれませんね。

Sponsored Link

-女性芸能人