さくらの☆ちょこっと小話いろは(*´∀`)♪

日々の生活で、さくらの気になる色々な小ネタを、気まぐれにブログで紹介していきます☆

偉人

山田かまちの名言がヤバイ!本人画像や氷室京介と水彩の関係にも迫る!

若くして亡くなった才能あふれる画家「山田かまち」・・この名前を聞いた事はありますか?
彼は若干17歳にして。
この世をさりましたが、私たちに強いメッセージや名言を数多く残しています。

今回はそんな山田かまちの「名言」についてや、様々な画像。。。。他にも氷室京介との関係にについて迫っていきたいと思います!

一緒に見ていきましょう!(^^)!

Sponsored Link

山田かまちのプロフィール

簡単に山田かまちのプロフィールをご紹介します。
山田かまち、名言、本人、画像、氷室京介、水彩

名前・・・山田かまち
生年月日・・・1960年7月21日

彼は1977年8月10日に、エレキギターの感電死によって。この世を去りました。
現在では考えられない事ですよね。。。

生前、絵の才能を発揮していた彼は。
幼少より絵画にとりくみ。。。小学校3年生のとき冬休みの動物の絵を

なんと30枚!一時間で書き上げたそうです。

その絵は大切に現在も保管されています。

山田かまち、名言、本人、画像、氷室京介、水彩

SH3I0032


・・・・
すごい集中力!!!・・・そしてスピード。。

この絵には本当に躍動感が感じられますし。。。

本当に3年生が書いたの!?と疑いたくなるような。。。

才能と言わざる負えません。

若くして亡くなったのが本当に悔やまれます。
後世にわたる作品を、より生み出すこともできたでしょうに。。。

死後に沢山の

「水彩画」や「名言の詩」

これらの
遺品が見つかり、その後多くの方の目に触れることとなり、現在に至るんだとか。。。

どうして画家は亡くなった後に注目される事が多いのでしょうか(´;ω;`)・・・

Sponsored Link

山田かまちの名言がヤバイ!詩に込められた思いとは?

山田かまちが残した「名言」には、数多くの方々が心を打たれ、感銘を受けています。
今回はその名言もご紹介していきます。

【生きる】
かまち おまえは、人に好かれるか好かれないかということで生きているのではなかったはずだ。

おまえは、生きる。ただ、自分の生き方を貫く、それひとつだけのために。

おまえは裸。たったそれだけ、おまえの心しかこの世にはない。

おまえは生き方をつらぬく。消えるまで、生命が消えるまで。全ての力を出し切って、生ききる。それが、おまえの生き方だ。

おまえの生き方をつらぬけ、それは意地ではない。美しさだ。

今までは、人のいう事を聞きすぎた。みじめな気持ちになり、仲間が欲しくなり、ろくでもないやつを仲間だと思いこむ。そこからおまえがくずれてゆく。

かまち。おまえは自分をもっと大切にしろ。激しく美しく生きろ。みせかけや、その時のいくじなしなみじめさは、軽く、安いものだ。
激しい美しさは、夏の叫びこそが美しい。

くだらん連中に妥協するな。おまえにはおまえがある。人のことは考えず、自分の生き方をつらぬけ。
輝く激しさだけを信じろ。今を信じろ。自分を信じろ。
ただその燃える一本の生命を信じろ。

おまえは美しい。それは誰が何と言おうと、変わることのない偉大な事実だ。人に悲しまされるな。物事に悲しまされるな。

おまえは生きることを生きろ。おまえは再びおまえをつかめ。おまえは眠っていた。それをゆり起こして、さあ、再びおまえを生きるんだ。

再びお前を!妥協は敵だ。おまえはおまえでしかにのだ。おまえがおまえでなくてどうする????おまえは生きることを生きろ、昔を想い出せ!

この生きるは、自分自身を奮い立たせ、自分を信じて立ち上がれ!!!という強いメッセージが込められているように感じます。

自分を大切にすること。
他人に振り回されない事。
自分の生き方を貫く。

今の日本人は、他人の顔色ばかりを窺い、自分を持てない人々も多いように感じます。

実際私もそうですし。。。

まるで現代の日本人当てたようなこの名言に、感銘を受けない訳がありませんよね。

その一人が、歌手の加藤登紀子さん。

彼女は山田かまちのこの詩に影響を受け、2017年7月に歌として発表しています。
山田かまち、名言、本人、画像、氷室京介、水彩

そこまで彼は影響力を与える人物。。だということですね。

山田かまち、名言、本人、画像、氷室京介、水彩

この短い名言からも。。。山田かまちの完成の豊かさ、強い目メッセージ性もひしひしと伝わってきます。

氷室京介との関係とは?

さて。
気になるミュージシャン氷室京介と山田かまちの関係ですが。。。
山田かまち、名言、本人、画像、氷室京介、水彩
実は二人は同級生だったんだそうです。
氷室さんがミュージシャンになる前に、影響を受けた人物。

それこそが「山田かまち」少年だったのです。

かまちの母親、千鶴子さんによると。。。

「2人は幼稚園からいっしょ。小さいころ、かまちがクラスの子供たちの絵を描いたんですが、一人だけ飛び上がっている子がいる。それが氷室君。目立っていたんですね。やんちゃ坊主で、よく怪獣ごっこをして、畳の部屋でやると服がイグサだらけでね(笑)。家に遊びに来ると、玄関から『かーまち!』と大きな声で呼んでいました」

と語っています。
2人はとっても仲良しで、幼馴染の関係だったようです。
2人が音楽に目覚めたのは中学の終わりごろ。

2人はバンドを組んだこともあったんだとか。
くしくも。。その興味を持った音楽の「エレキギター」の練習中に感電死をしてしまう山田かまち。。。

彼もかなりの苦悩、葛藤を抱えて活きてきたことが想像されます。。。

やはり才能あふれる方々はひかれあうものなのかもしれません。

まとめ

短い人生で幕をv閉じた「山田かまち」は。。。30年以上たった今でも、私たち日本人に様々なメッセージを伝え続けています。

あの絵画や詩、名言に込められた力強い「想い」を感じ取り、私たち日本人は受け継ぐ必要性もあるのかもしれません。
彼に惹かれる。。という事は、強い憧れを持っている。。ともいえるからです。

この絵画を実物でみると、きっともっと感銘を受けるのでしょうね。
自分自信を見つめなおし。。。これからの生き方も考える必要もあるのかもしれません。

Sponsored Link

-偉人