さくらの☆ちょこっと小話いろは(*´∀`)♪

日々の生活で、さくらの気になる色々な小ネタを、気まぐれにブログで紹介していきます☆

未分類

闇サイト殺人事件の犯人の生い立ちや現在は?どんな人物だったの?

闇サイト殺人事件という残虐な犯行が過去にありましたね。今回はその犯人の生い立ちや現在などについてお伝えしていきたいと思います。
被害者の方のご冥福をお祈りいたします。。

Sponsored Link

闇サイト殺人事件の内容は?

闇サイト殺人事件とは、2007年(平成19年)8月24日に愛知県名古屋市千種区内で発生した強盗殺人事件です。

当時犯人は3人いました。
その3人が出会ったのは当時の「闇サイト」
そこで3人はであって、何も知らない無垢な女性に道を尋ねるふりをして。。連れ去り、犯行に及んでいます。

その残虐な行為と、犯人達の反省のない態度も重なり、一審では3人に死刑判決がでたほど。。

いずれも犯行当時、3人ともお金に困っていた様で、目的は「金」

ですが、3人は互いに過去の自分が起こした事件を自慢しあったり。。。
虚偽を述べたり。
見栄を張りながらお互いに紹介をしあっていたんだとか。。。

事件を起こした時点で。自慢する事ではないはずなのに。。。

Sponsored Link

死刑囚k

〇犯行当時36歳
〇愛知県豊明市在住
〇『朝日新聞』新聞拡張員群馬県出身

彼は幼少期に両親が離婚して親類宅を転々とし、成人後に愛知県で定職に就いた一方で、闇サイトで違法に収入も得ており、事件当時は詐欺などの罪で受けた有罪判決の執行猶予期間中だったそうです。
勤務先の新聞販売店によれば、出来高払いで『朝日新聞』の勧誘をしていたが、休みがちで支払われる給料も低かったそう。

〇2015年に死刑が執行されています。

受刑者A

〇犯行当時40歳
〇本籍・・・愛知県津島市の無職

派遣会社を辞めてからホームレス状態で、使われた車の中で寝泊まりすることもあり、殺害場所の愛西市内で勤務していたこともあった

K・C両名に対して
「地元の石川県では詐欺や恐喝で名が知られていた」「出会い系サイトで知り合った女性を強姦し、それをネタに50万円脅した」などと語っていたようですので、過去にも色々な経験をしていたと考えられます。

犯行翌日に「死刑になりたくないから」と自首し逮捕に至りました。

受刑者・被告人C

犯行当時の年齢・・・32歳
逮捕当時は・・・名古屋市東区在住の無職

事件以前には
「碧南市パチンコ店長夫婦殺害事件」など2つの強盗殺人・同未遂事件を起こし逃亡中だったようです。。。

AとはKが加わる以前の8月上旬から闇サイトで金目当ての犯罪仲間を募集する書き込みをきっかけに連絡を取り合っていました。

以前は仕事をしていたが、当時は無職の状態でした。同居している女性がいたそうです。・・その女性の事も考えなかったのかな。。。

また。彼はAに対して。。
「親族(父と兄)が暴力団員だ。兄は強盗殺人を起こし、無期懲役で服役している。自分も傷害事件で懲役2年執行猶予3年である」
とも話していたそうです。。

いずれにしても。。3人ともかなり「闇」を抱えている様子。。
しかもそれぞれ別の犯行も重なっていた事も驚きです。。。
だからこそ、非道な事が出来たのか・・・

犯行の内容がかなり残虐な事から、2人は捕まった後、現在も刑務所の中で過ごしているそうです。。。

少年というわけではないのにこの犯行。。。
暴力団員とのかかわりが多かったり。。生い立ちも様々なですが、その出来事が彼らを犯行に書き立ててしまった。。。
とも考えられますよね。

亡くなった女性のご冥福を心からお祈りいたします。。。

Sponsored Link

-未分類