さくらの☆ちょこっと小話いろは(*´∀`)♪

日々の生活で、さくらの気になる色々な小ネタを、気まぐれにブログで紹介していきます☆

未分類

メキシコのロレーナラミレスとは何者!?年齢や家族、経歴や生活を調査した結果。

メキシコで「サンダル」で走る最強ランナー「ロレーナラミレス」さん。彼女は世界仰天ニュースで以前紹介されていましたね。
今回は来日して、日本のマラソンに出場したんだそうですよ!サンダルで走ってた・・・という所がまずすごいですよね。
・・そもそもロレーナさんって何者なんでしょう!?。。。年齢や家族、経歴など気になる事を調査してみました!早速見ていきましょうーー。

Sponsored Link

ロレーナラミレスとは?

彼女の名前が世間に知れ渡ったのは2017年の4月。。。
メキシコで行われた50キロのマラソン大会で、このロレーナさんが一番になった事が話題となったのです!
メキシコ、ロレーナ、ロレーナラミレス、とは、何者、年齢、家族、経歴、生活
・・・

しかもその時の服装は「スカート」「サンダル」・・・・
え。

このいでたちで50キロも走ったのーーー!!!?( ゚Д゚)・・・日本のランナーではありえません。
すごすぎますよね・・・!!!
どんな生活してるのかな。。?とも考えてしまいます。

しかも彼女の見た目は10代にしか見えませんよね。この女の子に注目したのが「世界仰天ニュース」という訳だったんです。

名前・・・ロレーナラミレス
出身地・・・メキシコ チワワ州
部族・・ララムリ族

ララムリという部族は超人見知りで有名なほどらしく、話すのもちょっと大変なご様子。
・・・村人以外の人間も少ないんでしょうね。。。

ここまで遠いとなかなか出向くこともできませんし(;´・ω・)

彼女が住んでいるところは「空港」から5時間。
そこから舗装されていない道をでて3時間。。。
・・・車でいかなきゃかなり足腰は鍛えられます・・(-_-;)
ワラッチという「タイや」でできた「サンダル」を愛用していて、いつもはいているんだそうです。

足の裏を感じられるこのサンダルが本当に履き心地がよく、楽なんだとか。

Sponsored Link

足腰が強いのはなぜ?日々の生活とは?

彼らの足の強さは
「生活」の仲にも隠されていたようです。
メキシコ、ロレーナ、ロレーナラミレス、とは、何者、年齢、家族、経歴、生活
そもそもララムリというのは、現地で「走る民族」という意味。
意味からして。駿足具合が伝わってきます・・・!

その足腰の強さの秘密は

「山奥での生活」

・・・やっぱり自然が一番のトレーニングなんですね。
自然には、人間は勝てません。

彼らの名前が知れ渡ったのは1996年。
ロサンゼルスなどで行われた「ウルトラマラソン」に出場し、上位を独占していったそうなのです。
ウルトラマラソンの長さは・・なんと!160km!!!・・・

私がでたら感想絶対無理ーーーーーー( ゚Д゚)

日々の生活では

〇必要な水を往復2キロかけてくみにいく
※水場までの山道も超過酷!標高は2000m越えで険しすぎます。

〇牧集めに往復2キロ
〇家畜のヤギの放牧に8キロあるく

合計少なくとも12キロ。毎日歩いている事になります。。。やばい。
・・いかに日本人の足腰が弱いか。。。この様子をみるとい思い知らされてしまいますね。。。

他にトレーニングはしていませんが、、、どおりで足腰強くなるわけです。。。
メキシコ、ロレーナ、ロレーナラミレス、とは、何者、年齢、家族、経歴、生活

また。彼女の気になる年齢ですが、、、
現在22歳。
お年頃のようです♡。。。10代にも見えるのに!!!・・・若さも日々の運動に関係あるのかな(-_-;)

家族はいるの?

彼女の家は、部族の中でも特に足が速いそうで。。。ある意味「サラブレッド」なんでしょう。
ラミレスさんには

〇父
〇母
〇兄弟が5人

五人というのもちょっと驚きますがww
兄弟が多くて、切磋琢磨できる環境にあるのも、彼女の足が速い理由の一つかもしれません。

遊びながらも、トレーニングになっていたのかもしれませんね。

。。実は元マラソン選手「松野明美」さんと勝負をしていますが。。。

全然歯がたっていませんでしたw

走っても行き一つ乱さない彼らの肉体、肺活量は相当なものですよ!!!!(;´・ω・)
私も過去にマラソンをしていましたが。。。
本当に苦しかったし、すぐ息が乱れていました(´;ω;`)

やっぱり環境って大切なんですよね。
生きるためにしなければいかない日々のトレーニングの積み重ね。。。といえるでしょう。

まとめ

今回は、メキシコの民族ロレーナさんについてまとめてみました。

今後、仰天ニュースでも彼女を追っていくのかなーー。
数々の大会で優勝した賞金も彼女たちの立派な財産になっています。

生活が懸かっている事もあって、更に意欲的にレースにも望めるのかもしれませんね。
今後、「マラソン選手」として、メキシコの代表にならないのかな?そんな未来もあるかも、、、!!!

最後までご覧いただき、ありがとうございました☆

Sponsored Link

-未分類