さくらの☆ちょこっと小話いろは(*´∀`)♪

日々の生活で、さくらの気になる色々な小ネタを、気まぐれにブログで紹介していきます☆

病気

総コレステロールの計算式を自動計算で入力する方法ややり方とは?

自分の総コレステロールって今いくつあるのか・・・年齢が高くなればなるほど気になる方は多いですよね。私自身も30台を超えて健康への意識は妙に高まってきていますw
自分の総コレステロールってどうやって知ればいいの?・・そんな疑問にお答えするために!計算式で自動計算で入力する方法を今回はお伝えしていきたいと思います。自分の今の現状を知ってショックを受けないでくださいねw 運動不足を解消させていきましょう!

Sponsored Link

総コレステロールって何?

血液検査をした時に「コレステロール値」というのは図った事があるかと思いますが「総コレステロール」というものをご存知ない方も多いのでは?
実は一概に「コレステロール」と総称しているみたいですけど。実はコレステロールというのにもいろいろな種類があるんですよー

総コレステロール、計算式、自動、自動計算、入力、方法、やり方
実は一般的な「総コレステロール」というのは。。。血液中にある

コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸

この4種類を総称したいい方なのです。

簡単にいうと・・

コレステロール自体は体内にある脂質(脂肪)の一種で、脂肪酸と結合したエステル型と、別々に分かれた遊離型があり、これら二つを合わせて総コレステロール(T-Cho)というんだそうです。

しかもその中の「コレステロール」には、様々な種類がある。。。という事ですので
分類すると。。。

●中性脂肪(トリグリセリド;TG)
●総コレステロール(TC)
●HDLコレステロール(HDL-C;いわゆる「善玉」)
●LDLコレステロール(LDL-C;いわゆる「悪玉」)

この四つに分けられます。

これらがまとめて「コレステロール」と呼ばれるものになるんですね。
ちょっとわかりずらい。。w  普通にコレステロールだけでいいじゃん。。と思ってしまうw

一般的な「コレステロール」は、この↑の4種類の総称なので「総コレステロール」とは区別される。。ということです。

Sponsored Link

総コレステロールを自動で計算する方法は?

この「総コレステロール」・・・中性脂肪やリン脂肪・・・
様々な脂肪を合わせた言い方なのですが、自分はいくつなのか?知りたい方は多いですよね。
総コレステロール、計算式、自動、自動計算、入力、方法、やり方
実はこの「総コレステロール」を知るには、、、計算方法があるようなのです。

ここで必要になってくるのが

●LDL-コレステロール値
●中性脂肪値
●HDL-コレステロール値

この3つの値がしかり解っていないと「総コレステロール」を計算する事はできません。
自分の体重とか。。身長とか。。。BMIとか。。

だけではわからないという事ですね(;´・ω・)

健康診断などで「血液検査」をしてもらうと思いますが、その時に記載されている細かい内容をチェックすると良いでしょう。
底では詳しく数値がでるかと思います。

念のため、不安なら「3種類しっかり数値結果がでるのか」
この部分を血液検査前に聞いてみるのもいいかもしれませんね。

その後は、自動計算が可能になります。

このサイトでは、先ほど言った3つの数値を入れると自動で入力してくれます。
自分で計算をするよりも、、ずっとずっと楽ですので、活用する様にしましょうね。

総コレステロール自動計算のサイトはこちら

ありがたい!!!!!
「コレステロール」は意識しても。。「総コレステロール」を意識する事って私自身あまりありませんでしたが(;´・ω・)
やっぱり知っておくことが、大きな病気の予防にもつながるのだと思います。

まとめ

今回は「総コレステロール」についてまとめてみました。
コレステロールの総称みたいなのが「総コレステロール」なんですねーー。

現代人は割と楽な事をすることも多く、運動も少なくなっているので、健康に過ごすためにも!
コレステロール値を減らすためにも!運動していかなきゃなーーー。
と再認識したさくらですw

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

Sponsored Link

-病気