さくらの☆ちょこっと小話いろは(*´∀`)♪

日々の生活で、さくらの気になる色々な小ネタを、気まぐれにブログで紹介していきます☆

未分類

バリ島の噴火はいつまで続くの?ハザードマップの最新情報は?

バリ島が噴火したことで、日本でも世界でもおおきな話題となっていますね。。。現地の方々はかなり前から騒がれていましたし。。今までいつ大噴火が起こるのかという恐怖と戦ってきたことでしょう。そしてついに爆発。・・旅行会社も対応に追われていると思います。この噴火は、実際はいつまで続くのでしょう?
ハザードマップによる最新情報はどうなっているのか。。!詳しく見ていきたいと思います。

Sponsored Link

バリ島の噴火はいつまで続くの?

→バリ島の噴火で年末年始の旅行はどうなる?影響やjtb、hisの対応は?

現在のアグン山の状況は黒煙が立ち上っている状況です。。

以前から「アグン山」の噴火については危惧されてきましたが、今回ついに11月25日再度噴火をしました。
黒煙の影響もあるため、近隣の住民は早急に避難してくれているといいのですが。。
とにかく人命にかかわらないよう、避難を優先させている事と思います。

そのバリ島は、日本人もかなり観光に音連れていた地でもありますので、旅行を計画していた方々も多い事でしょう。
噴火の影響で、すぐに出る事は難しくなってしまいますが

実際はいつまで噴火が続くのか。。?
皆さん、この部分がかなり気になる事と思います。

実はアグン山は50年ほど前に「噴火」した経験があるのです。Wikipediaによると。。

1963年から1964年にかけて20世紀で世界最大規模の噴火の一つを起し千名を越える死者を出した。

と記載されています。死者も1000人を超えた。ということですので、当時の悲惨な状況が目に見えるようです。。

この時の噴火は沈下するまで。。

なんと一年もかかっています。

大規模噴火という事ですから、その後も何度か小規模、中規模の噴火を繰り返し。
沈静化するまでの期間、、という事のようですが。

今回の噴火について改めてみてみますと。

2017年9月22日には、同国の災害当局が警戒レベルを最高位に引き上げ、付近の住民を避難させている[4]。8月以降、火山活動が活発化していた[4]。11月21日、小規模な噴火を起こした。

と記載されていて、その後。
25日に噴火し、それ以降、連続的に噴火しています。

大規模な「どっかーーーーん」という感じの噴火ではないかと思いますが、現在も黒煙が上がり、油断できない状況です。。

過去に1年続いた例を考えると。
今回は早急に警戒レベルを下げる。。というのは、ここまでくるとまずなさそう。

まだ警戒レベルは最高ですので、徐々に下がるのしても、小規模な噴火が収まらなければこのままの事態が長く続く可能性もあります。

少なくとも2,3か月は、警戒しているのではないでしょうか。。。?

Sponsored Link

ハザードマップの情報は?
続いて。アグン山の「ハザードマップ」についてお伝えしていきますと。。
バリ島、噴火、いつまで、続く、ハザードマップ、最新、情報
このような状況になっていますね。。

やはり周辺6キロくらいが一番危険な区域ですが、そのほかの地域でも「黒煙」「灰」などの影響も大きいと思いますし。
注意するべきでしょう。

海外の状況なので、日本のニュースなどでしか情報が確認できず(英語が読める方は別)
少し遅れた状況になってしまいますが、現在もバリ島に取り残された人は5000人を超えると言います。。。

9月の情報では、観光地付近への影響はそこまでではない。。との事ですが、追って調べ、追記していこうと思います。

取り残された方を日本に戻せる飛行機がいつ動くようになるのか。。
早く小規模噴火が収まり、このまま沈下しても多雨ことを祈るばかりです。

Sponsored Link

-未分類