さくらの☆ちょこっと小話いろは(*´∀`)♪

日々の生活で、さくらの気になる色々な小ネタを、気まぐれにブログで紹介していきます☆

未分類

力士(相撲)の糖尿病罹患率は?食事の内容や量(カロリー)で病気になるの?

爆報ザフライデーにて。阿嘉宗彦さん(元若ノ城宗彦)が、糖尿病から腎不全を起こしていた・・・という衝撃的な過去がニュースで報道され、自分の母親に命を救われた過去の経験談を話すという内容が話題となっていますね。力士といえば。体重が普通の一般男性よりもだいぶ多いですが「糖尿病」って結構発症してしまうのでしょうか?・・・罹患率は?また、体重増加から病気になるケースなどは多いのでしょうか?・・力士と病気って結構切っても切れない関係にあるのかな。。なんて考えてしまいますが実際のところはどうなのでしょう?
気になる部分に迫っていきたいと思います!

Sponsored Link

力士(相撲)の食事量や生活パターンは?

力士が各々の部屋に入門する際。まだ10代の若者もいて体も小さいイメージがあります。
ですが、数年たつとどうでしょう・・・その比ではないくらい「体」がかなり大きくなっていますよね。

もちろん、体重もかなり増加している事でしょう。
それもそのはず。力士の生活は「食べる」「寝る」「稽古」この三つ!!!!

2010年に投稿していただいた方のタイムスケジュールによると・・・

朝6時 幕下が稽古始める
朝8時 幕内が稽古始める
朝11時 幕下の担当がちゃんこを作り始める
昼12時 幕内が稽古終わり、風呂、まげ調整、ちゃんこを食べる
昼1時 幕下がちゃんこを食べる、幕内は昼寝、幕下も昼寝
夕方4時 幕内は自由時間。トレーニングしたり外出したり。幕下は担当が買い物、夕食のちゃんこを作り始める
夕方6時、晩飯のちゃんこ(幕内は外食してもよい)、片づけ、自由時間
夜11時くらい 就寝

となっています。

・・・結構規則正しいような感じがしますね。でも、食事は一日二回。三回食べる一般人とのちがいはここですね。
しかも量もかなり食べるようです(二食だしね)
現在の力士の一日の摂取カロリーは「8000kcal」

一派男性の一日平均摂取カロリーは1450~1740kcal
女性なら・・・2,000kcal

うん。4倍以上のカロリーを摂取している・・ということになります。(すごすぎる)
あの大きな体はほぼ脂肪。・・でもちょっと普通の脂肪とは違う感じなんですよね。

脂肪にも種類があるのですが、一番いけないのは「内臓脂肪」
これは通常見た目は痩せている方でも・・・実は内臓脂肪めっちゃある!!!という方がいるほど、隠れ肥満の対象とも言えます(実際私はこれです)

Sponsored Link

力士(相撲)の糖尿病罹患率はどのくらい?

今回は阿嘉宗彦さんが糖尿病を患い、そこから「腎不全」を起こしたケースを公表していますが、力士はそこまで糖尿病になる方は多くないようですね。
ですが過去にも糖尿病から両目の網膜剥離と緑内障まで併発したケースがあるといいます。

それが「千代大龍秀政 」

2012年8月には空腹時血糖が480を測定する糖尿病に罹ってしまった。
それから1年余り経過した2013年11月には糖尿病を起因とした両目の網膜剥離と緑内障という力士として致命的である傷病に襲われてしまった。この時千代大龍は25歳を目前としており、三役目前の力士がこれほどまでに若くして緑内障を発症するケースは珍しい。他にも焼き肉が大好物で2013年11月場所中の夕食は「半分以上焼き肉」であったという。

25歳で糖尿病・・・なりたくないですよね(-_-;)
過去に力士の糖尿病における発症データをまとめたものを見てみると・・・

実際,力士(特に高齢)は糖尿病の治療を受けているものが極めて多い

とあります。
現在は昭和、平成初期よりも食生活が見直されたとは思いますが、今までの稽古をしてきたからこその食事量。というのがありますから、ケガをしてしまったり。
病気を患うとすぐに「運動不足」となり、糖尿病発症率が高まる・・と推測されます(現代の一般人も同様)
運動をあまりしなくなった「引退後」にも発症する確率があるように感じますね。

他にも「鳴門親方」もいますが、やはり力士で現在糖尿病を患っている方々は少ないようです。
。。。内臓脂肪の恐ろしさを痛感しますね・・・

やはり糖尿病は「生活習慣病」
●運動不足
●暴飲暴食

これが一番の原因です。・・・だから力士の「脂肪」の種類は違ったんですね。
私も紡織気味なので。。。気をつけねば・・・(´;ω;`)

Sponsored Link

-未分類