さくらの☆ちょこっと小話いろは(*´∀`)♪

日々の生活で、さくらの気になる色々な小ネタを、気まぐれにブログで紹介していきます☆

未分類

筒井宣政の年収と経歴や嫁(妻)と家族も調査!病気の娘は現在どうなったの?

筒井宣政さんが奇跡体験「アンビリバボー」にて紹介されます。彼は異色の経歴の持ち主で、病気の娘を助けるために!研究を重ねた方です。筒井さんの心臓病の研究のおかげで大勢の命が救われた実話を話すみたいですね。研究を行っていた筒井さんの現在の年収と経歴や。。。嫁(妻)と家族について。また、彼がこの道を歩むきっかけとなった「娘」の現在についてもお話していきたいと思います。

Sponsored Link

筒井宣政のプロフィールと経歴は?

彼のプロフィールなどを見ていきましょう!

名前・・・筒井宣政
生年月日・・・1941(昭和16年)生まれ
出身地・・・名古屋市出身

主な経歴↓↓

昭和39年3月 関西学院大学 経済学部卒業
昭和39年4月 東海高分子化学株式会社入社
昭和57年6月 東海高分子化学株式会社代表取締役就任
昭和56年10月 株式会社東海メディカルプロダクツ設立 代表取締役就任
平成 3年9月 株式会社ヴァーユ設立、代表取締役就任
平成24年12月 株式会社東海メディカルプロダクツ 代表取締役退任、会長就任

彼は1964(昭和39)年3月、関西学院大学を卒業後すぐ父親が経営して
いた樹脂加工の町工場・東海高分子化学株式会社に入社します。・・・・が。莫大な借金がある事をしり、全額返済するだけでも72年かかる。。という恐ろしい現実を知る事になりますが、完済!それだけでもすごい(~_~;)

次女の佳美さんの病気が発覚してから2000万円もの費用を全額心臓病研究の為に使うのですが。
しかし、実用化にはさらに莫大な資金(1000億円)が必要なことがわかり人口心臓の制作は断念せざるを得ないことが判明します。

ですが、次女の「言葉」がきっかけで違った用途で使用していくこととなります。

これからはその知識を病院で見かけた心臓病で亡くなる子供たちのために使って

この言葉がきっかけで日本人の身体のサイズに合ったIABPバルーンカテーテルの制作に携わる事となるのです。

現在の年収は?

現在筒井さんは「会長」という立場で就任しています。バルーンカテーテルの技術は全国、、、世界各国で用いられ、現在はなくてはならない治療方法です。
世界から必要とされる技術を提供したわけですから・・・現在の年収はおそらく「億単位」ということになるのでは?。。。確実に5000万くらいは超えているのではと思います。

Sponsored Link

家族構成は?

彼の家族構成は妻と。。。彼は3人の娘さんの父親でもあります。・・ですが三人の娘のうち次女が難病に侵された事で、彼の人生は変わっていくのです。

佳美さんがまだ9歳の時でした。

次女が「9歳」のとき。心臓病だと診断が下ります。
生まれつき心臓が正常に血液を流す事ができなくなる難病(三尖弁閉鎖症)を持っていた次女の治療法がなく、医師から余命は10年と告げられます。

この事実がきっかけで「人工心臓」への研究を進めることとなりました。

人工心臓の研究のための株式会社東海メディカルプロダクツを設立し代表取締役に就任します。

Sponsored Link

病気の娘は現在どうなったの?

病気の娘を助けるために「人工心臓」の研究をしていたのですが・・・動物の実験まで進めることが出来た「人工心臓」の研究は、娘さんの病気には使えませんでした・・

娘さんは23歳の若さで亡くなってしまいます。

ですが、娘さんがなくなる2年前に・・・バルーンカテーテルが完成して、狭心症や心筋梗塞で亡くなる命を救う事ができ、娘さんも喜ぶ姿をみれたそう・・
今の医術の進歩は彼なしではなしえなかった偉業と言えます。

Sponsored Link

-未分類