斎藤慧の薬物陽性の真相や真実は冤罪なの?アセタゾラミドの効果や原因とは?

日本人「スノーボード」代表「斎藤慧」選手のドーピング疑惑に驚かれたあ方がtも多かったことと思います。今回、カレから検出された薬の名前がアセタゾラミドというようですが・・・一体どんな薬なのでしょう?この薬について詳しく考察していきたいと思います!・・・本人は否認をしていますが、SNSでは「真実」なのか・・もしくは図られた、、、のか?知らずに服用してしまっていたというケースも考えられますよね。様々な考察もなされていますが、その真相にも迫っていきたいと思います!

Sponsored Link

斎藤慧の薬物問題とは?

そもそも、この薬物問題が浮上したのは2月4日の抜き打ち検査での事。

斎藤選手が江陵カンヌンに到着した2月4日に抜き打ち検査を受け、禁止薬物のアセタゾラミドが検出されたと説明した。

このニュースに日本人の皆さんがショックを受けたことは言うまでもありません・・・・

まさか!私が生きている時代に日本人の「ドーピング」が発覚するなんて…最後に発覚したのは1980年代だっただけに。

また、冬季五輪でのドーピング使用の日本人は初めて見たいですね。ショックすぎる・・・と凹んでいました。

抜き打ち検査をした際、陽性反応が出たことに本人も驚きを隠せなかったようで
、12日に選手村を離れた後、13日に文章によって今の心情などを語っていました。

その文章でも「身に覚えがない」と、自分でもかなり驚いている様子だったそうです。
斎藤選手はまだ21歳。

このまだ成人したばかりの年齢で、ここまで大ごとになって・・・万が一「しらばっくれている」としたら、

ある意味。

かなりの肝が据わっている大物人物かもしれません(;´Д`)

過去の経歴でも様々な賞を勝ち取っていますので、将来も有望視されていた人物でした。

2013年、2014年・・・世界ジュニア選手権男子3000メートルリレーで3位入賞
2014年・・・全日本距離別1000メートルで優勝

まだ21歳でこれからますます伸びていく選手が。。。こんな大きな「ドーピング」の違法行為を行うのでしょうか・・・?

Sponsored Link

アセタゾラミドって何?

そもそも。ドーピングという名前はよく聞くのですが。禁止薬物ってどんな効果があるからだめなの・・・?とか。
あまり知らない方も多いですよね?

一言で言っちゃうと・・・体の余分な水分をとるお薬。

おもに緑内障の治療に使用されるそうです。

この薬は「利尿作用」があるという事で「排尿が頻繁に行われる」という目的の元。使われたのではないかと疑われているというわけです。

ドーピングの使用を隠すために、この「アセタゾラミド」で利尿作用を促し、隠蔽を図ったのでは・・?

ドーピングを隠してしまう可能性があるからこの薬物が禁止されている。。。=ドーピング使ったんでしょ?

みたいに思われちゃってる。。という事のようですね。

こ。。怖い・・・

ですが本人は全面的に否認している文面を発表しました。その文を要約しますと・・・

「ドーピングを行おうと考えたことは一度もない」
「1/29の検査では陰性」
「禁止薬物が無自覚のまま口に入ってしまったとしか考えられない」

こう本人は語っています。・・・・ああーー。同じ日本人として信じたい!!!しかもお姉さんも出場している大会で。。。そんな危険な真似をするのかなーーー(;´Д`)

薬物は故意にに入れられたの?原因は?

さて。このオリンピックの禁止薬物。・・もしかして「陥れられたのでは?」など。ネットでもざわざわと考察がなされています。

また、本人がわからない時に、処方されていた確率も高いのでは?とも騒がれていますね。

薬として予報されていた場合もありますが、この薬自体を入手するには
処方箋が必要で、一般人が入手するのは不可能なようです。

ですので、考えられる原因としては・・・

●海外で入手した
●サプリなどの薬成分に混入していた

という場合も大いに考えられるとの事。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ツールバーへスキップ