さくらの☆ちょこっと小話いろは(*´∀`)♪

日々の生活で、さくらの気になる色々な小ネタを、気まぐれにブログで紹介していきます☆

生活

痴漢抑止バッジは女子高生考案!新デザインの購入方法、使い方紹介

都内などの、満員電車。混雑していて女性が一人で乗るのは不安なものです。痴漢被害も多い様子。。そんな中、女子高生の開発した「痴漢抑止バッジ」が話題になり、注目を集めているようです!今回はそんなバッジについて調べてみました(*'▽')

痴漢抑止バッジ考案者は女子高生!

女子高生

「痴漢抑止バッジ」とは痴漢被害にあったことのある、女子高生が考案した女性を守るためのバッジです。

彼女は被害にあった際、「恥ずかしいし、怖い。。。」そんな思いから、周囲に助けを求めることができず、泣き寝入りをしてしまうという、悔しい体験をしたそうです。

その後も満員電車での通学時、行為は何度もあり、「やめてください!」の声を上げるも。。犯人は「しらんかお」していることも。

防犯グッズを持っても効果もなく、困り果てていたそう。。。

 

痴漢は本当に怖いですよね。。。

実際、私も中学生の時、某大型プール内ですが、痴漢被害にあった経験があります。

やはり混雑時で、周囲には人が沢山。同じく怖くて声は出せなかったし、固まってしまいました。。。

それをいいことに、行為はしばらく続くものなんですね。。。身をもって知りました。。

その後はプールを楽しむ。。。なんてどころではなく、しばらく泣いてしまいました。

親にも友達にも恥ずかしくて言えなかったし、もちろんその後は混雑したプールには入れませんでした。

被害者の方は、しばらく恐怖心も消えないものです。誰かに言ってすっきりするものでもないですし。。。むしろ恥ずかしくて言えませんね。特に多感な中学、高校の時期は尚更です!そんな恐怖心をついて行われる痴漢行為は、本当に許せません!!

 

事件をきっかけに思いついた「痴漢抑止バッジ」

痴漢抑止カード

自身の経験をきっかけに、女子高生は母親と本格的に痴漢を防ぐ方法を考え出します。

それが「痴漢は犯罪です。私は泣き寝入りしません」と書いたカード。↑

このカードをつけるようになってから、嘘のように痴漢行為が止まったそうです。

 

「やめてください」の一言が言えない女性の為に、何かできないか?

痴漢行為を未然に防ぐことはできないのか?

 

自身の経験談からそう考え、「クラウドファディング」にて、出資金を募り大反響!!

改良し、発売したのが現在注目されている「痴漢抑止バッジ」です。

痴漢抑止バッジ

こちらが缶バッジ第一弾!!でも。。。

「目立つ場所につけるのはちょっと恥ずかしい。。。」と考えている方の為、さりげなくつけられるように、デザイン募集、投票を行い決定!!

現在は様々なかわいいデザインが発表されています。↓↓

痴漢抑止バッジ

このバッジをつけることで、痴漢する相手にも「引いて」ほしい。という思いも込められています。

⇒購入方法はこちら

 

賛否両論ですが。。。私はいい試みだと思います!!

Sponsored Link

実はこのバッジ。賛意両論のようです。実際、女子高生本人がつけているとき。。。

「応援しています」「気を付けてくださいね」

の声がある反面、

「痴漢する側も相手をえらぶよな」「何アピール?」

と背後から聞こえたこともあるそうです。ひどいですよね。。。

でも、実際、この女子高生のように被害にあって困っている方がいて。。。その行為を事前に防ぐためにあるバッジなんですから、周囲にとやかくいわれる事はないんじゃないかな。。。と思います。

別にアピールしている訳ではないですし。。。困ってるんだからつけてるんです!!

女性専用車両もすべての電車についているわけではありません。毎日通学、通勤で満員電車に乗る方にとっては重要問題ですよね?私は地方なので、満員電車の毎日の苦痛はわからないけれど、一日東京に遊びに行って、電車に乗るだけで疲れます。。。"(-""-)"なのでそうとうですよ。。。

つける人、つけない人、それは自由な選択ですし、その選択を他の人がどうこうゆうべきではないのでは?

普及してきている「マタニティマーク」のように、もっともっとメディアで取り上げられて、普及していけばいいのになーーー。

ちなみに。。。男性用もあります!!↓↓

男性用バッジ

冤罪も多い世の中。。。自分の身は自分で守らなければいけない時代に、違和感は覚えますが。。

女性を助ける意思のあるかた、冤罪に間違われたりしない為にも意識してつけてみるのもいいのかしれませんね。

Sponsored Link

-生活