台風25号でも行きたい!北海道旅行への飛行機と電車、新幹線の影響とは!?

台風25号がいよいよ東北にも上陸しそうな勢いですね・・・途中から温帯低気圧に変わるとのことですが、やはり【風】や【津波】の影響も気になるところです。
地震もあったばかりなので、雨量などでの土砂も心配ですよね。

旅行を考えている皆さんは、やめなければいけないのか・・・?北海道への影響はどうなのでしょうか?
迫っていきたいと思います。

Sponsored Link

台風25号が迫っていても北海道旅行はできる?

この3連休は【北海道へ行って、鋭気を養おう・・・】

または、【被災地】へ支援にいって、お手伝いをしよう!
と考えていた方も多いと思います。
台風25号 北海道 旅行 飛行機 電車 新幹線 影響
3連休は何かを行うには動きやすい日程ですから、予定を立てた方も多いハズ。

そこでこの台風です・・・(泣)・・・予定が台無しですね・・・

結論から言ってしまうと。ちょっと今の状況では旅を満喫する事も、北海道に到着することも難しいかもしれません・・・

実は一番台風が接近するのが・・・
7日の朝〜昼過ぎくらい。

これは7日が一番警戒する必要があります。

では交通機関はどうなのか?
新幹線、在来線とJRの対応は違うみたいです。

なぜ旅行が難しいのか、理由を見ていきましょう。

Sponsored Link

6日、7日、8日の交通機関の状況は?

明日、明後日旅行に行きたかった方たちは、今の状況で出発することはできるのでしょうか?

今の状況を調べてみたところ。
やはりかなり台風を警戒している様子です。

ツイッターを見ても、今後の風の状況など。。恐ろしくなりますね・・・

新幹線や在来線は?

では新幹線の状況を調べていきましょう。
新幹線が動いていれば・・・なんとか行くことができるかもしれません。

現在、更新して見てみましたが・・・今の所【取りやめ】などの情報は更新されていませんでしたので、6日23時40分現在では、警戒中・・・といったところでしょうか。

ただ、以前の【地震】の影響もあり、現在もダイヤが乱れているようなので、時刻どおりに到着するわけではないかと思います。

これに25号が加わると・・・
時刻表が意味ないくらい、乱れる可能性がありますね。。。

また、今の話から・・
新幹線で向かうことは可能ですが、突然の突風や、今後の雨量などによって刻々と変化するかと思います。
状況を随時調べることが必要です。

JRの状況は?

もしも到着することができたとしても・・JRが動いていなければ、函館や札幌など、市内をまわることはできませんよね。

実は
JR北海道は、7日に運休を決定しています。

これは確定事項なので、変更はしないものと思われます。

ということは。。。
どこかに出かけるのに電車の利用は厳しいということになりますね・・・
以下、引用です。

JR北海道は6日、台風25号の接近を受けて7日に特急28本を含む計79本を運休すると発表した。札幌圏と北海道新幹線は始発から通常通りの運転を予定している。

JRはいつまで運休なの?

ではいつまで運休になる予定なのでしょう?6日23時現在の状況を記載します。

同社によると、運休が決まったのは札幌-函館間の午前発を中心にした特急や札幌-帯広・釧路間の昼以降の特急など。函館-新函館北斗間の列車も午後1時半ごろまで運転を見合わせる。【真貝恒平】

函館などを中心に【午後一時】頃まで運転を見合わせるようですね。
その後の風の影響も含めて、徐々に再開していくことでしょう。

飛行機の影響は?

一番気になるのは【飛行機】ですよね。

飛行機自体はかなりデリケート!!!1風の影響をもろにうけやすいです、
電車よりも、欠航になる率は高いと思われますが・・・

今の所、完全に欠便とされているものはなさそうです。

JALの対応【以下引用させていただきます】

台風25号の影響について以下の地域・空港を発着するJALグループ運航便に
遅延・欠航・条件付(引き返し・他空港への到着の可能性等)運航が発生する可能性がございます。

<10月6日> 九州地方(終日)、中国地方(午後)
<10月7日> 東北・北陸・北海道地方

運航判断につきましては、今後最新の気象情報を確認の上、決定する予定です。
(なお、6日以降の運航判断については、運航日の前日以降に決定する予定です。)
※「発着情報検索」は前日よりご利用いただけます。(出典:JAL)

ANAの対応【以下、引用させていただきます】

<10月7日>
札幌千歳・函館・青森・大館能代・秋田・庄内・新潟・仙台・福島・能登・富山・小松

各便の状況につきましては、「発着案内」をご確認ください。

ANAでは、台風により運航への影響が予測される空港を、運航日の2日前(21:00)を目途に決定しています。
運航への影響が予測されるANA運航便の航空券につきましては、実際の運航状況にかかわらず、搭乗予定便の変更(振替)および払い戻しを承ります。
対象空港につきましてはこちらを、航空券の取り扱いについてはこちらをご確認ください。

台風の進路、速度により状況が変わる可能性があります。
台風情報につきましては気象庁ホームページをご確認ください。

温帯低気圧に変わるということで、様子見をしている感じですね。

飛行機ほど、天候に左右される乗り物はない。。と個人的には思っています。
不安な思いをしていくよりも、できることなら見送るのを個人的にはおすすめします・・・

まとめ

今回は北海道の旅行にいけるのか!?というテーマで記事を作成していきました。
・・・結論から行くと、7日【様子を見て8日】までは、長時間の交通移動はさけるべきではないか・・・と思います。

飛行機の欠便は現在ではなかったので、北海道旅行にいっても・・・7日の日中になんがあるかわかりませんからね・・・

被災に加えての温帯低気圧【台風25号】の直撃がとても心配な北海道。
何事もなく、終わっていただきたいものです・・・

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ツールバーへスキップ