貧乏神が茶碗を大事に持っていた理由は〇〇!?【鎌倉ものがたり】

貧乏神の茶碗の謎

デスティニー(鎌倉ものがたり)で一際目立っていた【貧乏神】

このキャラクターの持っていた
茶碗は高価なものでもなかったのに
どうして大事に持っていたのでしょうか?

その理由を解説していきたいと思います♪
一緒に見ていきましょう^^

Sponsored Link

貧乏神が持っていた茶碗の意味は?

では貧乏神が持っていた茶碗には
一体どんな意味があるのかを一緒に見ていきます!

貧乏神の茶碗の謎

貧乏神はもとから持っているボロボロの茶碗を
風呂敷に大事に包んで持っていました。

これはどうしてなのかというと・・・

貧乏神にとっては
茶碗は身分のような存在だというのです。

恐らく古くからの言い伝えとして
「茶碗をたたくと貧乏神が来る」と言われたように

茶碗は、貧乏神を象徴する、自らを結晶化した
「分身」みたいなものだったとおもわれます。

ぼろぼろの茶碗の入手経路はわかりませんが
この茶碗はもしかしたら
拾ったものかもしれない。

でも大切にしているのは
貧乏神にとっての【身分証】みたいな物だからのようですね。

ちなみに
こちらの記事も御覧ください♪

鎌倉ものがたりのキンさん
【キンさんの正体は妖怪?!】鎌倉ものがたりの家政婦ばあやの年齢や秘密が衝撃的!

Sponsored Link

もらった茶碗から見える貧乏神の心

貧乏神はあきこから茶碗をもらい、
あきこは貧乏神が持っていた茶碗をもらう。

二人は交換をしたこの場面は
心が温まった人も多いのではないでしょうか?

貧乏神の茶碗の謎

100均の茶碗でもあの喜びよう。
貧乏神にとっては
初めて人からもらったものかもしれません。

だからこそ
あんなに大切に、嬉しそうにしています。

人から嫌われるだけの貧乏神が
優しくされたことで【愛】を知ったのかな。

この茶碗にあきこは最後助けられるので
貧乏神は最後まで大活躍でしたね。

まとめ

この茶碗の正体は身分証だったようです。
妖怪にとっても、人間にとっても

その人の大切なものは
見た目、値段では測れないのだよ。

と言ってくれているように感じたシーンでもありました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ツールバーへスキップ