原樹理投手の負け運エピソードが酷すぎる…運のない男はいつまでも勝運がないの?

原樹理投手の負け運エピソードが酷すぎる...運のない男はいつまでも勝運がないの?

ヤクルトの原樹理投手が2019年の侍ジャパン入りをし
祝福ムードが溢れている中・・・

彼の試合での運の無さ。すなわち「負け運」が
あまりにひどいということで。

選手としても大丈夫!?と言われている部分もあるのも確かです。

実際にどんな負け運エピソードがあるんでしょうか?
どの事件がきっかけでそんなあだ名を付けられることになっちゃったの?

気になる原樹理投手について見ていきましょう!

Sponsored Link

原樹理投手の残念な負け運エピソードとは?

まずは気になる負け運エピソードから。

原樹理投手の2018年の頃の通産省率がとにかく低いことが
一番言われている原因でもありました。

原樹理投手の負け運エピソードが酷すぎる...運のない男はいつまでも勝運がないの?

なんと・・・

2081年5月の時点で、7試合目の登板にも関わらず。

24敗5勝

これ。24章ではないんですよ。
30試合ほどして、勝った試合は5回・・・

投手の責任が全てではないですし、打者の調子にもよるので
なんともいえないのが現状ですが・・・

あまりにひどい数字。
この数字にはさすがに視聴者も驚きです。

しかも、その試合でも
勝てそう!!!!と思っていたにも関わらず
逆転負けをしてしまった場合も多い。

それではどんなときに運悪く負けてしまったのか。
見ていきたいと思います。

Sponsored Link

巨人戦での逆転負け

最後まで勝てるかも。。。!!!!
今季初勝利なのでは!?

という期待がファンの間にも膨らんでいたその矢先。
巨人に逆転負けをしてしまいます。

原樹理投手の負け運エピソードが酷すぎる...運のない男はいつまでも勝運がないの?

2018年の5月の記事です。

注意
 自身7試合目の登板。3回に坂本勇に先制アーチを献上し、
同点に追いついた直後の4回も
先頭の阿部から4者連続安打を浴びるなど7点を失い、
先発では今季最短の4回1死でKO。
「何もありません」と悔しがった。(抜粋)

これは悔しい!!!!
自分自身、負け運が。。。と言われているイメージを払拭したい
矢先の逆転負け。

運のなさをアピールしてしまった回でもあります。

更に、打たれた事をネタにしているのでは?
と思われる投稿をすることで

更にファンの間でヒートアップされてしまう自体に・・・
一体何があったのでしょう?

Sponsored Link

山田哲人のお兄さんぶりをアピール?

しかもしかも。

こんな投稿をしてしまい、ふざけているのでは?
とファンの間で反感を買ってしまうのです。

その画像というのがこちら↓↓

原樹理投手の負け運エピソードが酷すぎる...運のない男はいつまでも勝運がないの?

この画像がアピールしているみたいで嫌だ・・・
という批判にもつながったようです。

自分の失敗をネタにしているというわけではなさそうですが
楽しそうにやり取りしている様子に
ファンは疑問を感じたのでしょうね・・・

致命的な場面ででしっかりと負けてしまう

一番大事なところで
点を落とすことが多い原投手。
だからこそ、批判も多くなってしまうのでしょう・・・

一番大事な場面で
期待できる選手になっていってもらいたいですよね。

では、2019年2月現在の勝率は上がっているのでしょうか?
見ていきたいと思います。

Sponsored Link

現在の原樹理投手の勝率は上がったの?

2019年現在・・・
2018年の最初の頃に比べれば勝率は多少上がってきたようですが・・・
まだまだ以前のイメージが払拭しきれていないのは事実ですね・・・

原樹理投手の負け運エピソードが酷すぎる...運のない男はいつまでも勝運がないの?

現在の詳しい勝率は現在調査中ですので
追って追記していきます。

開幕投手として選抜するのに不安を残す声も
少なくありません。

今までのイメージを覆すためにも!!!
自分に自身を持って、代表として頑張ってもらいたいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ツールバーへスキップ