【ブログ全文】清水圭が岡本社長に言われた暴言に非難殺到!会見を受けた感想を暴露

岡本社長の発言が意味わかんない!
とひどいことになっていますが・・・

実は今回の騒動を受け、清水圭さんも
今まで岡本社長から発せられた暴言をブログで明かしています。

アクセスが集中しすぎてつながらない・・・ということですが
とにかく内容が今まで言われた岡本社長のひどい
パワハラ暴言も載せています。

いろいろ考えさせられる内容となっていますので
御覧ください。

Sponsored Link

清水圭さんのブログ全文

今回の吉本興業とのゴタゴタについて
おとといの宮迫と量の記者会見
昨日のワイドナショー
本日の吉本興業ホールディングス
代表とし締まり役社長

岡本昭彦氏の記者会見
生放送と録画で一秒も見逃さず
責任持って全て見ました。

できうる限り感情は抑えて
冷静に分析したいと思います。

一昨日の宮迫と量の記者会見について
一昨日書いたとおりです。

昨日のワイドナショー
松本さんと東野の意見は素晴らしかったけど
ちょっとずれてるところがあるなあ
という部分はありました。

誤解を恐れず言うと
若い頃から大崎氏、岡本氏とチームを組んでやってきた
ダウンタウンさんや今田、東野、板尾、木村祐一
などの

おそらく他の数多くの芸人さんが感じているであろう
吉本の恐ろしさをあまり知らないまま、今まできたのだろうなと思いました。

それは仕方のないことで
もちろん上記の芸人の方々に
不満や敵意があるわけではありません。

私個人として
みんなは大切な同士だと思っています。
念の為。

本日の吉本興業ホールディングス社長
岡本昭彦氏の記者会見。

会見を通して、革新をつく質問には真摯に答えることはなく
のらりくらりと逃げ回ってはぐらかすことに終始していた印象です。

結論的には
吉本興業はなにも大きく変える気持ちはなく
様々な自称に対する具体策は皆無である

ということがわかりました。

今回のかいけんについては
いろいろ思うことがあるのえすが
長くなりすぎるので今回はやめときます。

そんな中、私は一点だけ。

社長と弁護士を部屋の外に出した密室で
芸人四人と岡本氏という状況で
岡本氏が量に対して発言したという

「お前、テープ回してないやろな。
お前辞めて一人で会見したらええわ。

やってもええけど、ほんなら全員クビにするからな。
俺にはお前ら全員クビにする力がある。」
という恐喝に対しての答えを重視しました。

ここが一番会社にとって
社長にとって答えづらい部分であると感じていたからです。

答えは
何度聞かれてもはっきりと「いいました」と
明玄しないまま

追い詰められた陶、苦し紛れに
「冗談のつもりでした」「和まそうと思いました」
という答えは

ほぼ、予想通りでした。

忘れもしません・
私は18年の2001年
ドラマ「明日があるさ」第一話において

準備稿にかかれていた私のセリフと出番が
決定稿では半分ほどになり

更に自分でも一番の見せ場だと思っていたシーンが
跡形もなくカットされている事を見て
正直憤りました。

ウルルンの楽屋で
決定稿を渡してくれた新人マネージャーに

「なんでこうなったのか説明がなかったら
俺、でられへんわ」

と憤りながら気持ちをぶつけたところ

後日、それまであったことのない岡本氏が
あんビリーバボーのgクヤに突然来て
マネージャーを楽屋の外にだし
二人きりになっていあら

私の説明をきくなりいきなり

「なにか文句があるんですか?
いうときますけど、テレビ局も
スポンサーも清水圭は要らんと言うてるんです。

それを吉本がお願いして出られるようにしてあげてるんです。
会社のやり方に文句があるなら
いつ辞めてもらってもいいんですよ」

と恐喝されました。

綿入は
「お前、所属タレントに向かってひどいことよう言うなあ。
わかった。
ドラマには出るけど、もう出ていってくれ」
といって帰ってもらいました。

あれから18年。
社長になっても岡本氏は何も変わってはいませんでした。

まず人払いをして
話を聞かず、いきなり恐喝する。

このパターンは私のときと全く同じです。

以上のことから考えても、
宮迫の言葉は信じるに値します。

今日の冗談でしたとか
なごませるためでした

という発言は
到底信用することはできません。

Sponsored Link

痛いところを疲れると、最後は
「そこは私のだめなところです」
「私お不徳の致すところです」
「私の情けないところです」

という抽象的な返事で逃げ
何一つ具体的な答えはなく
何一つ明らかになることはありませんでした。

所属タレントに向かって
ヤ○ザまがいの恐喝をする人間が
所属タレント6000人、社員1000人を抱える
吉本興業ホールディングスの
代表取締役社長でいいんでしょうか。

私はこの恐喝だけで
十分辞職していただく理由になると思います。

みなさん
ちょっと考えてください。

吉本は今。国や官庁、地方自治体や
国連とも仕事をしています。

東京オリンピック
逢坂万博
今年から全国展開の教育に携わる仕事も始めたそうです。

何よりも国連のSDGsという世界展開の

「2030年までにたっせいすべき17の目標」
というひとが人であるために、世界が幸せになるために

というプロジェクトに数年に渡って
大きく関わっています。

様々なビックプロジェクトに大きく関わっている
会社のトップが
長年に渡りひとを兵器で恐喝する。

コンプライアンスにかけた人間でいいのでしょうか?

今日の会見においても
岡本氏はなんども「コンプライアンス」と口にしました。

一昨日も書きましたが
人を平気で恐喝する人間が

芸人のコンプライアンスの話をするって
どの口が言うとんねん!
(ここだけちょっと感情的です。すみません)

今回の会見を見て、あまりにあほくさかったので

「もう吉本を辞めてしまおう」とも思いましたが
私一人が辞めたところで吉本は痛くも痒くもありません。

そして岡本氏との唯一の接点も消えれしまいます。

ならばしつこく吉本にいて
岡本氏に合うごとに会話を交わし
私なりの攻め方で吉本を健全にするために尽力するほうが
有効かなと思ってます。

もちろん多くの芸人が
吉本をやめるモーションをおこしたら
私も迷わず追随します。

それが岡本社長を対人させる
そして吉本を健全な会社にする
一番の方法だと思うのです。

私は極楽とんぼ「加藤浩次」と同じく

吉本の経営陣の刷新しか
吉本が健全になる方法はないとおもっています。

私が今、現実で着れば有効だろうと思うアイディアは
今日のような会見場に
大崎会長と岡本社長に座ってもらって

各社んカメラで生中継
録画をしてもらっ田植えで

吉本興業に所属するタレントが集まって
記者席にすわり
疑問に思うことや提案したいこと、会社に対するリクエストを

挙手の上、質問、発言し、二人が答える
という場を作ること。

これが夜の皆さんに今の吉本の状況
そして
芸人やタレントがおかしいと思ってる事を知ってもらい
芸人の立場を改善するための
わかりやすい方法だと思います。

わたしにもっと吉本に
そして世の中に影響のある人間で
あったらなあ
と、今はとっても歯がゆいです。

蛇足ですが

私は宮迫や量、そして今回の事で謹慎している芸人を
世間様に直ちに許してやってくれ

というつもりはありません。

それはそれ、これはこれおです。

最後までギャグでもない
長ったらしい文章を読んでくれてホンマにおおきに。

Sponsored Link

これを読むだけでも
岡本社長がありえない様子が伝わってきますよね・・・
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ツールバーへスキップ