【歌い手】ピコが入院したセカンドオピニオン先の病院の場所はどこ?

ピコがセカンドオピニオンを受けた病院の場所はどこ?

歌い手ピコさんが末期の腎不全で
現在入院中だということを明らかにしました。

彼が病気に気づいたのは「セカンドオピニオン」の
おかげだということですがその病院ってどこなのでしょう?

現在も入院中だという彼の病気を見つけた
名医のいる病院について書いていきたいと思います1

Sponsored Link

ピコが入院している病院の場所はどこ?

ピコさんはセカンドオピニオンを受けて
現在入院中の病院にめぐりあい、治療を受けています。

ピコがセカンドオピニオンを受けた病院の場所はどこ?

ということは・・・
おそらく末期の腎不全患者が集まる
「専門」の病院だということは明らかです。

こちらの記事も一緒にお読みください!

【病状が深刻】歌い手ピコのステージや余命は?移植手術の適応率や成功の確率も気になる!

ピコさん自ら「専門的な」とおっしゃっていますが
明確な病院名は記載していません。

では、候補にあがる病院を見ていきましょう!

Sponsored Link

東葛クリニック病院

末期腎不全患者が他院から紹介されて行き着く先の病院が
東葛クリニック病院

というところのようです。

ピコがセカンドオピニオンを受けた病院の場所はどこ?

→病院のHPはこちら

ここでは腎不全に取り組んで45年。
末期の方も何人も足を運んでいるようです。

Sponsored Link

順天堂大学 静岡病院

こちらも腎臓関連のエキスパート達が集結しています。

透析を行っている末期腎不全患者さんが
手術などで入院される際のサポートを行ってくれます。

ピコがセカンドオピニオンを受けた病院の場所はどこ?

と記述もありましたが
ピコさんも先日、維持透析のための手術も行った・・・
とありましたので可能性としてはこちらも大きいのでは?

移植手術を行う予定ではあるとの事なので、
さらに長期間の入院が必要になるかと思われます。

Sponsored Link

京都岡本記念病院

こちらは救急患者は24時間対応してくれます。

病院では末期腎不全になった患者へも
健全なサポート体制が取られています。

病院の特色、概要欄に

透析が必要な末期腎不全となった患者さまには
血液透析や腹膜透析(CAPD)の管理を行い
少しでも活動的な人生が送れるようにサポートしています。

という記述がありました。

末期腎不全患者にも対応している病院という事で
一つの候補位に上がるのではないかと思われます。

ピコがセカンドオピニオンを受けた病院の場所はどこ?

治療ができるところは意外と数箇所ありますから
自分の実家や、自宅から近い場所に決めた可能性もありますね。

やはりセカンドオピニオンは大事だと痛感いたしました。

Sponsored Link

ピコさんの伝えたかったこと・・

ピコさんはご両親から腎臓を移植する決意をし
現在闘病中で頑張っています。

男女の声を出せる特殊な声質の持ち主だけに・・ファンも多く
心配の声が上がっています。

10年くらいかけて徐々に体が蝕まれていった・・・
ということを記載していましたが、あまり気が付かず
放置してしまうと

ピコさんのような思い症状になってしまいますね・・・

やはり毎年の自分の体の健康状態を知るためにも
定期検診は大事だと私も自覚しました。

ピコさんの病状が早く回復し、一日でも早い復帰ができるよう
心からお祈りしています。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ツールバーへスキップ