柏原直樹の経歴や略歴、プロフィールは?川崎医科大学教授がすごい人だった!

柏原直樹の略歴や経歴、プロフィールは?川崎医科大学教授

NHKの番組「チョイス@病気になったとき」で
腎臓病についての説明をしている柏原直樹という人物は

一体どのくらいすごい人なのでしょう?
テレビに出るほどなので
経歴もすごい方だということは想像できますが・・

記載していきたいと思います!

Sponsored Link

柏原直樹の経歴は?

柏原直樹という方はどんな経歴の持ち主なのでしょう?

今では川崎医科大学教授という
ポジションについていますが

それまではどのような経歴だったのか?・・・きっと
エリートコースを進んだのかな?

柏原直樹の略歴や経歴、プロフィールは?川崎医科大学教授

そんな風に自分的には思ってしまいますがw
では、経歴を見てみましょう。

  • 1982年/岡山大学医学部卒業
  • 1982年/国家公務員等共済組合連合会 呉共済病院内科
  • 1987年/米国Northwestern大学医学部 research associate
  • 1990年/岡山大学医学部分子医化学教室
  • 1991年/腎臓学会入会
  • 1991年/岡山大学医学部第三内科 助手
  • 1995年/岡山大学医学部第三内科 講師
  • 1997年/岡山大学医学部第三内科 助教授
  • 1998年/川崎医科大学 内科学(腎)講座
    (現:腎臓・高血圧内科学講座)主任教授
  • 2001年/川崎医科大学 学長補佐 併任
  • 2001年/評議員就任
  • 2003年/放送大学大学院 客員教授 併任
  • 2004年/川崎医科大学 臨床教育研修センター センター長 併任
  • 2007年/英国Oxford University Visiting Fellow
  • 2009年/川崎医科大学 副学長(研究、大学院、国際交流担当)併任
  • 2016年/腎臓学会理事長就任

めちゃめちゃ経歴が多い!(汗)
さすがメディアに出る方・・やはりエリート街道まっしぐらのまま
現在も進行形ですね。

海外の大学にもいかれているので
世界的にも「賢威」とされているようです。

柏原直樹のプロフィールは?

経歴だけみてもよくわかんないよ・・・
なんとなくすごい人だとはわかるけど・・

ということで
一般的なプロフィールもチェックして行きたいと思います!

柏原直樹の略歴や経歴、プロフィールは?川崎医科大学教授

出身地/奈良県
生年月日/1957年4月9日(現在62歳)

うん・・・現在プロフィールの情報はこれだけしか
乗っていません・・

現在ご高齢ですし
肩書を見るだけでも
すごい人!だということは理解できるので

経歴に全部書かれている雰囲気ですね。

腎臓関係の病院、経歴も素晴らしいですし
様々な論文も書かれています(腎臓関連がやはり多いです)

腎臓で困ったら
川崎大学にいきたいな・・!!!

とこの記事をかきながら
個人的には思ったりしています。

更に、現在の肩書としては・・
川崎医科大学/腎臓/高血圧内科教授

というくくりになるので
川崎大学でもかなりの権力、指導権をもった偉い方
だということがわかります。

川崎大学のHPを見ても
柏原教授が目立つところにのっておりました!

Sponsored Link

腎臓のことで困ったら「川崎大学」へ

腎臓は病気になっても
なかなか発見しにくい「沈黙の臓器」と呼ばれているくらい
症状が現れにくい場所でもあります。

最近歌い手の「ピコ」さんも
末期腎不全になり、世間に公表したことで
話題になったばかりです。

彼も10年間、悪化し続ける自分の
病状の変化に全く気が付かなかったようです。

しっかりと健康診断を定期的に受けて
自分の体のメンテナンスを指摘帯ものですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ツールバーへスキップ